Pecograph

a day in my life

Menu Close

モザイクタイルミュージアムへ

友達が岐阜に引っ越してから
「ぺこっちが岐阜に来たら、モザイクタイルミュージアムに行こう」
とずっと誘ってくれていた、多治見市モザイクタイルミュージアムへ。

今回の旅はほぼ彼女にお任せ。
この美術館のことも事前に何も調べず連れいってもらったため、
間近で建物を見てびっくり!!

この有機的なフォルムと、屋根に草の生えてる感じ。
設計はもしや…

受付でもらったリーフレットを見てみると、
やはり藤森照信さんの設計でした。

とにかく見ても、触れても、そこにいるだけで楽しくなる建築。

入場料を払ったあとは、階段で一気に4階まで昇ります。
登り窯をイメージして作られたという、この空間が圧巻!
壁も階段もすべて左官仕事で仕上げられているのです。

薄暗い階段を昇りきると、
床から天井までびっしりタイルに敷き詰められた明るい空間が
パッと目の前に広がります。



「こんなの昔あった!」と懐かしい気持ちになったり
「タイルってこんな使い方もあるんだ」という発見もあったり。
さまざまなタイルの表情に、童心がくすぐられます。

友達のおばあちゃんの家は昔こんなお風呂だったそう。
かわいい。

昔に作られた家はユニットバスとかシステムキッチンといった工業製品は少なくて、
現場で職人さんが手を動かして作るするのが当たり前だったことにも改めて気づきます。
今思うと、ものすごく手間暇かかってて贅沢だなと思います。



3階のギャラリーでは
わかりやすく整理された年表やたくさんのタイルの見本で
多治見のタイルの歴史が楽しく学べます。

企画展で紹介されていた、
大阪の堺筋本町交差点にある大阪商工信用金庫の新本店の
今井兼次がつくったモザイクタイルの不死鳥の壁画がとても気になりました。
建物の設計は安藤忠雄。
https://12102kentaro.at.webry.info/201711/article_1.html

年に何度か通る場所なのに、全然知りませんでした。
今度ここを通る時はじっくり観察してみようと思います。


2階はタイルを使ったインテリアのショールーム、
1階はミュージアムショップとワークショップもできるスペースがあって
老若男女たくさんの人で賑わっていました。

こじんまりとした美術館だけど、
とても見ごたえがあって無邪気に楽しめました。

そしてここを訪れてから、
町を歩いててもタイルにやたらと目が行くように。

知識が増えることで、
なんてことない町の風景にもむくむくと興味が湧いてきます。

建築も展示も、素晴らしい美術館でした。

多治見市モザイクタイルミュージアム
https://www.mosaictile-museum.jp/

フェニックス・モザイク『糸車の幻想』
https://12102kentaro.at.webry.info/201711/article_1.html

今井兼次の「フェニックス・モザイク」
https://www.ohkaksan.com/2016/12/11

蕎麦 みづ乃

岐阜で食べた美味しかったもの。
いや
岐阜で食べたかった、美味しいもの。

それは、蕎麦。

最近、旅先で必ず探すのが蕎麦の名店。
そして、岐阜県は食べログの「そば百名店」にも
たくさんのお店がランクインするほど、蕎麦の良店が多い土地柄。

岐阜の友達にも
「美味しい蕎麦を食べたい」とリクエスト。

いくつかピックアップしてくれたお店のどれも美味しそうで
目移りした中で選んだのが、多治見の「蕎麦 みづ乃」。

今回の旅では友達が車を出してくれるので、
“せっかくなので車じゃないと行けないところ”
というのが選んだ理由だったのだけれども、

「え!?こんなところにお店があるの?」

と思うような高台の住宅地にその店はありました。

開店直前に駐車場に着くと、店の前にある駐車場は私たちの車が入ると満車に。
暖簾をかけに出てきたスタッフさんに招き入れられたのが、
洋風の洒落た装いの住居を改築した建物でした。
店内には出窓や吹き抜けから明るい光が降り注ぎます。

1日10食限定の「田舎蕎麦」を注文。
そして出てきたのが、見た目がとても好みの粗挽きの蕎麦。

最初は塩でいただくと、
新そばならではの豊かな蕎麦の香りがふわっと鼻を抜けました。
これはレベルが高い!!

もちろん、つゆとのバランスも絶妙でした。

あっという間にペロリと平らげ、最後の蕎麦湯も好きなとろみ具合。
大満足の一皿でした。

連れて行ってくれてありがとう!

蕎麦 みづ乃
〒507-0008 岐阜県多治見市希望ケ丘3丁目12番地
11:30〜15:00
月曜定休
https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21017897/

県境にある城
犬山城

「各務原」
年賀状を書く時に見よう見まねで書き写すことはできても
読むことができなかった、友達の住む町へ。

各務原(かかみがはら)は、岐阜県南部の町。
木曽川を挟んだ向こう側は、愛知県の犬山市です。

県境の橋を渡るとき、ライトアップされた国宝の犬山城が見えました。

翌朝、高台にある友人の家の近所からも犬山城がきれいに見えました。

県が違えば、藩政時代は違う「藩」であっただろうに、
いわばよその「国」の城がこんなに近くに見えるのってどんな感じなんだろう?

気になって調べてみたら
徳川家のお膝元がある東海地方は幕府直轄領や旗本領だったエリアが多く、
この辺りも美濃国に属していたり、尾張藩になったりという歴史があったそう。

中山道の通る町なので人の行き来も多かっただろうし、
外様大名が治めていた島国四国の阿波藩とは
「国境」に関する認識も違っていたのかもしれないな。

しかし、隣の県の城がこんな近くに見えるなんて、
ものすごく不思議な感じがしました。

調べているときにみつけた
子ども向けに書かれたこの資料もおもしろかったです。

濃尾平野の農業を守れ
http://www.maff.go.jp/tokai/noson/shinnobi/kids/
尾張の国と美濃の国の水にまつわる攻防戦がわかりやすく書かれています

若いときと違って
有名な観光地に行ってすごい景色を見たり、
お洒落でイケテル場所に行ったりすることよりも、
こうやってじんわりとその土地の風土や文化を感じれる景色を発見することが
旅の楽しみであり、喜びになってきました。


でも、今回は遠くだけから眺めるだけだった犬山城も、いつかちゃんと訪れてみたいです。

整えたり、蓄えたり。

週の初めからずっと喉がいがらっぽく、
なのに仕事は立て込んでて毎夜遅くまで根を詰めて作業をしていたら、
金曜日にはついに喉がつぶれて声がまったく出なくなってしまいました。

喉以外は元気なんだけど、
電話に出られなかったり、
会って人と話すとものすごく心配されたりするなど
いろいろと生活に支障が出て困りました。

11月最初の週末は3連休。
本当は初日から出かける予定があったんだけど、
これ以上体調が悪化して仕事に影響してはいけないので、大事をとってキャンセルを。

家にいる時間ができたことで
観葉植物の手入れもできたし、
布団も干せてシーツも洗えたし、
暮らしも整い、体調もすっかりよくなり、懸命な判断でした。

以前の私だったら
こんな時でも無理してでも行っていたと思います。

遅まきながら、
“無理をしない”という選択することも
前向きな選択であるということを、ちょっとずつ学んでいっています。

整えたり、蓄えたりすることは、とても大事。

英語積算学習時間が
1500時間に

2017年12月から
英語の学習時間の記録をスマホアプリでつけ始めて、
先月末で1500時間を達成しました。

“学習”と言っても、
Podcast聞いたり海外ドラマ観たりした時間も含んでるし、
机から離れている時間の方が多い感じです。

なかなか思うように語学習得は進まないけれど、
この1500時間、工夫しながら楽しんでこれたとは、自信をもって言えます。

今はどちらかというとインプットに重きを置いている時期。
とりわけ多読と多聴にハマってて、
英語を読んだり聞いたりするのがとにかく楽しくなってきました。
“英語を英語のまま理解する”という感覚が
少しずつ掴めてきた感じがします。


語学学習って、予め用意された地図のない旅のようだと思います。

だから、
時々自分のいる場所を確認し、
そこから行きたい方向を見据えていくことも大事だなと。

2000時間達成した時に
どう成長していたいかも思い描きつつ、コツコツ楽しんでいこと思います。

英語の積算学習時間、1000時間突破!
http://www.pecograph.com/note/?p=8705

首里城のこと

今朝、首里城のニュースを目にしてから、
ずっと心が痛いです。

ちょうど4年前のこの時期に訪れたこともあって、
ほんの数日前、懐かしく思い出し写真を見返していたところでした。

たった1度しか訪れたことはないけれど
ここが沖縄の人にとって、とても大事な場所であることを強く感じました。
私にとっても大切な友人たちとの楽しかった思い出のある場所でもあるし、
ものすごく哀しい気持ちでいっぱいです。

そして、沖縄の人たちのことを思うと、言葉に詰まります。


I was very shocked at the news that a fire has destroyed Shuri castel this morning.
I don’t want to believe it.

I’ve been once there with my friends exactry 4 years ago.
That is a precious memory for me.

Shuri castel is one of the most important historical places for Okinawa.
From Ryukyu to Japan, war to peace – Shuri Castle has been there through everything, and was a symbol of identity for the Okinawa people.

I’m sorry for Okinawa people.
I can’t find the words to say my Okinawa friends…





坂出人工土地

「坂出人工土地」
その名称だけはずいぶん前から知っていたし、
坂出には何度も足を運んでいたのに、
そこへと足を向けることはこれまで1度もありませんでした。

団地に興味があるという友達の誘いで、
ついにここを訪れる機会を得ることができました。

“坂出駅の北側に位置する
空中に人工的に作り出した土地の上に立つ団地”

事前に知っていたのはその程度の知識でした。
けれども探索はものすごく楽しく、そして興奮しました。
こんなに散歩が楽しい団地に出会ったのははじめてです。
しかもそれが市営住宅だというから驚きです。



建物は老朽化し傷んではいるけれども、
造作のデザインやディテールはかなり作り込まれてて、
きゅんきゅんしました。


そしてそこかしこで
ここに住む人たちの暮らしを営む気配が感じられました。

共有スペースで農作業にいそしむお年寄りや
熱心に愛車の手入れをする人や三輪車で遊ぶ子どももいて、
猫は気ままに散策し、よく吠える犬もいました。

南には讃岐富士が見え、北側には瀬戸大橋も一望できます。

坂出は塩田業で栄えた町。
かつてこの一帯は塩田業に従事する人々が多く住む
古い木造住宅が密集したエリアだったそう。

そこを更地にして空中に人工的に土地を作り出し、
1階部分に駐車場や飲食店などの商店が入るテナントを設け、
持ち上げられた人工土地の上に市営団地が建てられました。




設計は、広島の基町高層アパートの設計も担った大高正人氏。
コルビュジェの元で学んだ前川国男の設計事務所の出身だそう。

こういったちょっとした階段のデザインを見た時に
「フランスで見たコルビュジェ建築っぽい」って思ったのも、それゆえか。


広場には、このプロジェクトの指揮をとった市長の銅像が。
番正辰雄氏は行政側の人間として、
坂出人工土地の開発だけでなく、
瀬戸大橋の着工から開通まで関わり続けたそう。

1968年から1986年までと
約20年の月日をかけて完成した、坂出人工土地。

実際にこの空間を歩いて体験することで、
建築や土木の知識はさして持ち合わせていなくとも、
半世紀以上前の建築家や坂出の為政者たちの志の高さと熱量がものすごく伝わってきました。

かなり老朽化が進んでるけれども、
いい形で未来に残って欲しいと、強く思います。


I visited Sakaide Artificial Land with my friend.
Although I often visit Sakaide city,it is first time to visit there.

Sakaide Artificial Land was developed in 1960-80’s, as a high dense complex of commercial, theater and public housing.

I was so excited because it shows idea of Japanese modernism and “metabolism”.
The ground floor is for retail, restaurants and parking, second level which is the artificial land and above are for public housing.

There is a community life but buildings are getting partially deteriorated and residents seemed to be getting aged.

I hope this architecture will be passed down for generations in a more agreeable way.

英語多読コーナーが充実!
徳島大学附属図書館

先日、少し英語を使う場面で知り合った方から
「徳島大学常三島キャンパスにある図書館の英語多読コーナーが充実している」
という耳寄りな情報を聞きました。

しかも、西日本屈指のラインナップなのだとか。
すごいぞ!我が母校!!

大学の附属図書館だけれども、
身分証明書を提示して利用カードを作れば、
学外の人間でも自由に利用できるとのこと。

英語力を磨くにあたって多読の重要性は分かっているものの
どんな本を選んだらいいのか分からなかったり、
そもそも英語の本は値段が高かったりして、
なかなかハードルが高く感じてしまっていました。

そんな悩みを解決してくれる施設が、こんな近くにあったとは。
まさに灯台下暗し。


早速図書館へ足を運んでみました。

自分が学生だったときからずいぶんリフォームされて、
明るく開放的な雰囲気に。

そして「英語多読のために図書館を利用したい」と伝えると、
スタッフがとても親切に案内をしてくださいました。

多読コーナーは、図書館に入ってすぐのところにあり、
レベル別にわかりやすく整理して並べられていました。
レベル1〜5まであるので、まずはレベル1のなかから
なるべく薄っぺらい本を選んで借りて帰ることに。

2週間の期限で5冊まで借りることができます。


図書館が推奨する多読法のルールは単純明快。

1.辞書は引かない→引かなくてもわかる本を読む
2.分からないところは飛ばして前へ進む→わかっているところをつなげて読む
3.つまらなくなったらその本はやめる→楽しく読めない本は読まない

楽しく、無理をしないっていうのがいい!

そして、図書館のスタッフがおすすめしてくれたのは
読んだ本の記録をつけていくといい、ということ。

よって、アマゾンでこのノートも購入しました。

めざせ100万語! 読書記録手帳
SSS英語学習法研究会
コスモピア (2005-03-26)


このノートや図書館でも推奨しているのは、まず100万語を達成すること。

ノートの冒頭には100万語までの道のりも
とてもわかりやすく説明されていました。

とにかく、背伸びして難しいことをするのでなく、
“やさしい”と感じるくらいのものをたくさん読むことが大事なのだそう。

そして、徳大図書館のうれしいところは
多読コーナーにある本すべてに
「難易度」と「語数」を書いてくれてあること。

「難易度」は0〜9まで。
多読ガイド本によると”0からスタートするのが良い”と書いていたけれど
さすがに4年以上毎日英語に触れてきた成果もあって
それはあまりに簡単に感じたので難易度1〜2の間で
興味の惹かれるものを探してみました。

写真は白雪姫。
1565語と多いけれど、ストーリーを知っているので
10分程度で読み終えることができました。


難易度1.0のもので、ちょっと文字数は多いけれども
薄めペーパーバックにも挑戦。
これも20分くらいで読めたかも。

難易度2以上のものは、とにかく語数が少なくて薄っぺらいものを。
これも難なく読書を楽しむことができました。


こんな感じで、借りてきた5冊をあっという間に読破!
1週間を待たずして、また図書館へ足を運び新しい本たちを借りてきました。

どの本も買ったらそれぞれ1冊1,000円以上はするもの。
それらをこうやって無料で手軽に借りることができるのは
本当にありがたいです。

そして読んだ本について、ノートに記載してきます。
図書館に通い始めてわずか10日で、すでに12,527語。

100万語はそんなに果てしない目標ではないような気がしてきました。

学生の頃よりも足繁く図書館に通って、
英語読書の秋を楽しんでみたいと思います。

徳島大学附属図書館
https://www.lib.tokushima-u.ac.jp/

英語多読について
いちばん最初に読んでほしい記事を集めました

https://tadoku.org/english/introduction-to-tadoku/

© 2019 Pecograph. All rights reserved.