Pecograph

a day in my life

Menu Close

Category: アート

藍のけしき

阿波藍のアートプログラム藍のけしきに参加しました。

白い布を徳島県内の藍染協力施設や工房へ行って染め、
染めた布を穴の開いた箱に入れて数ヶ月共に過ごし、
それぞれの暮らしの中で
光や空気に触れて「けしき」が変化した布を集めて
「藍のけしき」として、ひとつの空間を構成するとのこと。

県内はもとより、県外や海外からも多く参加していると聞いて
徳島の「藍」への関心の高さが伺えます。

染める工房は自由に選べるので、
私は「あおあお」の藍の取材でお世話になった
藍染作家の梶本登基子さんの工房にお邪魔させていただきました。

佇まいが素敵な梶本さんの工房は
20年前に友人が勤めていた設計事務所が設計したもの。

その友人も一緒に行ったので
昔話にも花を咲かせつつ、
賑やかに白布を藍色へと染めていきます。

これまで何回も藍染はしたことはあるけれど
素手で甕に手を入れるのははじめて!
1週間前に藍建てをしたばかりという藍液は
ぬるんと冷たくて気持ちよかったです。

1分間甕に布を入れて、
そのあと水洗いという作業を10回繰り返し、
かなりしっかりとした濃い色に染め上げました。

みんなの手もいい感じに染まりました。
友達はこの後 爪にトップコートを塗って、藍色ネイルとして楽しんでるそう。
やるなぁ!
http://blog.livedoor.jp/aya0201fuu1028/archives/52113988.html

この箱に入れた藍布がどんな風に変化していくのか、楽しみです。

今はリビングの棚に飾ってるけど、
車のダッシュボードに置いて強い日差しをたっぷり浴びさせてみてもおもしろいかも。

徳島が育んできた藍を身近に感じることができるこのアートプログラム、
どんな「藍のけしき」が完成するのか、今からとても楽しみです。


I participated in an art program “Ai no Keshiki”.
https://www.facebook.com/awabunkaschool/

“Ai” means indigo in Japanese.
Awa Indigo is a well-known indigo dye produced in the Tokushima region where I live in.
I dyed a piece of cloth deep blue with Awa indigo.

The cloth is put in the box which has small hole.
I live with the box for 4month and enjoy the changing of the color.

More than 400people participate in the art program,not only Japanese people but also foreign people who live oversea!
After 4month,all clothes are collected and an artist make a art by using the clothes.
I’m looking forward to see it.

 

 

ドーニ家の聖家族

13年ぶりに再会することができて、うれしかった絵。
ミケランジェロの「ドーニ家の聖家族」。
陶板で作られたレプリカだけど、まさか地元にこの絵が存在してるとは思いもしませんでした。

2003年に1ヶ月放浪したイタリアではとにかくたくさんの絵や彫刻を観たけれども、
どんな有名な絵画よりもウフィッツィ美術館で出会ったこの絵が一番印象に残っています。

この絵に出会ったのは、ちょうどその旅の折り返し地点。
さして世界史にもキリスト教にも知識をもたないままたくさんの宗教画を観てきたなか、
これまでに見たことがない筋肉隆々なマリア像。
強くたくましい母としてのマリア様に、ものすごくリアリティと親しみを感じた作品でした。

ちなみに、たくさんみた彫刻でも最も印象に残ってるのが同じくミケランジェロ作でヴァチカンに所蔵されていた「ピエタ」。
生まれて初めて彫刻を見て涙を流しました。
あれはまた死ぬまでにもう一度観てみたい。

思えば、街を歩けば名作名画や遺跡に出会えるという、なんとも贅沢なひと月だったな。

忘れかけていたあの頃の衝動のような感情を、少しだけ思い出すことができました。

大塚国際美術館
http://o-museum.or.jp/

ウフィッツィ美術館
http://www.uffizi.org/

瀬戸内国際芸術祭2016
小豆島ドライブ旅
前編

瀬戸芸のパスポートをはりきって買ったものの、
結局夏会期に1度犬島に行ったきりで行けずじまい。
同じような境遇の3人で、小豆島へ瀬戸芸アートを巡る旅にいってきました。

今回の旅の仲間は、犬島も一緒に行ったライターのあっこちゃん
小豆島のさまざまなプロダクトのイラストやデザインを手がけているイラストレーターのオビカカズミさん。
月に何度も足繁く小豆島に通い、島の人たちにも「島民」呼ばわりされるほど小豆島を愛し島の人たちにも愛されているオビカさんに旅のナビゲートはすべておませ。

高松港で待ち合わせして、土庄港でレンタカーを借りて、楽しい旅のはじまりはじまり〜。

%e7%80%ac%e6%88%b8%e8%8a%b8%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%bc

まずは土庄の「迷路のまち」にあるアートめぐり。

2010年の第1回瀬戸芸の時から楽しみにしている大岩オスカールさんの作品「大岩島2」へ。
ビニールシートに油性ペンだけで描かれた風景画。

%e5%a4%a7%e5%b2%a9%e5%b3%b6

前回伊吹島で見た時は混雑していて入場制限もあったんだけど、今回は貸切状態になった時間もしばらくあって、ゆっくりと楽しむことができました。
1回目は男木島、2回目は伊吹島、3回目は小豆島で作品を作った大岩オスカールさん。
次はどの島で制作をするのかな。
そう思うと早くも3年後の瀬戸芸もちょっと楽しみに思えてきます。

次は作品No072「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」へ。

%e8%bf%b7%e8%b7%af%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a1%ef%bd%9e%e5%a4%89%e5%b9%bb%e8%87%aa%e5%9c%a8%e3%81%ae%e8%b7%af%e5%9c%b0%e7%a9%ba-%e7%9b%ae

小料理屋さんだった民家が、蟻の巣みたいな迷路に変身!
ジブリ映画に出てきそうなまるっこい白い壁がかわいい。

%e7%99%bd%e3%81%84%e5%a3%81

穴から覗く路地の風景もアートの一部のようでした。
%e7%a9%b4

この作品はもう一軒あるとのことで、迷路のような路地を進んで西光寺の近くにある元タバコ屋へと足を運びます。

%e8%b7%af%e5%9c%b0

この行列の先に目指す建物があります。
建物の中に入ると、古い箪笥を開けると通路が続いていたり、浴室を開けると通路が続いていたりと、まるでからくり屋敷のよう。
次の進路が分からず、もと来た廊下を戻ろうとして、「戻ってこないでくださ〜〜い」とガイドさんに明るく注意されてしまいました。
中は撮影禁止だったのですが、それも納得。
だってネタバレしてたら楽しみも半減しちゃうもんね。
今回はアートに関して全く事前に予習をしてこなかったんだけど、こういった体験型で楽しめるアート作品は無邪気になれて楽しいですね。

さて、迷路のまちを後に島の北側に位置する大部地区を目指します。

%e5%a4%a7%e9%83%a8

海の色がとっても綺麗!
向こうに見えるのは岡山県です。

大部ではまずは腹ごしらえ。
数年前にオビカさんのinstagramで見て気になっていた、ナポリタンが食べられる「喫茶サンワ」へ。
芸術祭期間中ですぐそばにアートがあるにも関わらず、瀬戸内海を一望できる店内は地元の常連さんっぽい雰囲気の人ばかりなのもとてもいい雰囲気。
ほどなくすると鉄板にドドンとテンコ盛りのナポリタンが運ばれてきました。

sanwa

これぞ由緒正しき喫茶店のナポリタン!っていでたち。
中には生卵がはいっていて、これがまたこのケチャップ味に合うのです。

sanwa2

これにサラダがついて600円という価格にも驚きです。

さて、お腹が満たされたところで、今回の瀬戸芸で一番気になっていた作品「国境を越えて・潮」を観にいきます。

アートが展示されている砂浜に着くと、車の中でもランチのときも賑やかにおしゃべりしていた3人も自然と言葉が少なくなりました。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae

海に消えた子どもをイメージしてつくられた像は砂でできていて、潮の満ち干きや雨風で時間とともに崩れ海にかえっていきます。
ボランティアガイドさんによると夏会期から展示されている196体の子どもの像のうち3分の1は海風に侵食されているとのこと。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae4

「196」は日本が承認する世界の国の数。
子どもたちはその首都の方向を向き、胸と背中には砂浜から各首都までの距離と緯度経度が記されいるそう。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae3

ずいぶんと侵食された子どもの像。
内部には石膏で作ったバラと国名が書かれたプレートが埋め込まれています。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae6

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae5

これをつくったアーティストはどの時点でこの作品が「完成」と考えているのだろう。
展示が始まって数ヶ月を経て、作品たちが侵食され朽ちている姿を見ることができたこの時期にここに来ることができてよかったと思いました。
なんだかじわじわと、心に響く作品でした。

大部にあるもう一つの作品「小豆島の木」へ。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a82

島に生えてきた樹齢60年のクヌギの木を根っこから掘り起こして、広い倉庫に吊り下げて展示された作品。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a8

土の中で木どんな風に根を張り絡み合ってるかなんて考えたこともないし、木の根をこうして下から見上げたことも、もちろんありません。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a83

ふだん当たり前のように見ているものも、目に見えてる部分なんて本当にごくごく一部なのに、いろんなことを分かったようなつもりでいるのが人間の愚かさなのかもしれないなぁと感じさせられました。
地元の人たちと協力して2カ月かけて慎重に掘り起こし、夜中の交通量が少ないときにトラックに積んで運んできたというボランティアガイドさんのお話も興味深かったな。
大部地区は地域のボランティアガイドさんの対応があたたかくて気持ちよかったのも印象的でした。

….と、本当はこの記事で旅の記録と記憶をまとめたかったけど、睡魔が襲ってきたので続きはまた後日!

とにかく充実の楽しい小旅行でした。
次回も乞うご期待!?

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.