Pecograph

a day in my life

Menu Close

Category: 英語の勉強 (page 1 of 7)

受験票が来た!

いよいよ来週末に押し迫った、初めてのTOEIC試験。
受験票がようやく届きました。

受験票に書かれた当日に持っていかないといけないもののうち
以下の二つは持ってないので、忘れないよう揃えておかねば。
・HBの鉛筆もしくはシャーペン
・腕時計
そして何より、試験当日受験票を忘れないように!

10月の試験は四国では受けられる会場がなかったため、
大阪での受験を希望しました。

大阪といえども広いので、
受験票が届くまで会場がどこになるかわからなかったので不安でした。
蓋を開けてみると(正しくは封を開けてみると)
これまで何度も行ったことがある京橋駅が最寄駅となる会場だったので、ホッと一安心。

しかも試験の前日は奈良に泊まって、
奈良から会場入りする予定だったので
JR1本で行くことができるのでありがたい。

ずいぶん前に帝国ホテルの窓から撮った写真に
会場近くの風景が写っていました。
山の向こうが奈良。

会場への道を調べるためgoogleMapを見ていると
ついつい現実逃避してしまいたくなるけれど、
10日後はこの風景のなかで力を出し切らなくっちゃ。

気分は受験生

初めてのTOEIC受験まで、3週間を切りました。

仕事をしながら何か新しい事を習得するのって、
こんなに大変だったのかと痛感する日々。

やらなきゃいけないことも、
何をどうやったらスコアに繋がるかもわかっているけれど、
そのための勉強時間をなかなか思うように捻出することができず
歯がゆい気持ちで過ごすことが多くなってきました。

きっと、最後の追い込みは精神力が勝負。
思うようにならない苛立ちや焦りといった感情も、
どうにかうまくコントロールしなくてはと思っています。

なかなかまとまった時間を作って机に向かうことができないので、
とにかく隙間時間をスマホアプリで有効活用。
スタディサプリという強力な学習ツールと出会ったおかげで
飽きることなく英語の基礎をしっかり学んでこれました。

試験が終わったらこのアプリについても詳しくブログにまとめたいな。
本気でTOEIC受験を考えている人には、本当におすすめ。
https://eigosapuri.jp/

とにかく試験が終わったら、
海外ドラマを見たい!
英語で本を読んでみたい!
オンラインレッスンでうまく言えなかった表現をちゃんと調べてみたい!
ブログももうちょっと英語で書いてみたい!
と、英語を通してやってみたいことがたくさん。

受験生の時に
「受験が終わったら本を読もう!映画を見るぞ!」
と思ってたのと、まったく一緒だ。

この熱量を、うまく試験本番と、そして今後に繋げていこう。

 

“if”な話。

英会話の先生と、「もしも◯◯◯だったら、どうする?」という話で盛り上がりました。

質問
もし働かなくてもいいくらいお金があったら、働くか?
答え
これは即答で「働きたい」でした。
困らないくらいお金があったとしたら、働き方はきっと今とは違ってくるだろうけど。
それでもきっと、何か仕事をしていたいと思います。

質問
もし、宝くじで10億円あたったら?
答え
留学して数年間大学で勉強して、そして数年海外で働いてみたい。
そしてそのあとは日本と海外を行ったり来たりできる仕事を生業にしたい。
これも即答だったな。
もしも海外の大学で勉強するとなると、何を専攻しようか。
そんなこと考えると、たまらなくワクワクします。
まあ、あくまで”if”な話だけど。

好きなだけ好きなことを学んだり、
自分が必要とされる生業があることが、
自分がしあわせを感じることなのだと、改めて思いました。
慌ただしい日常で、そんなことを立ち止まって考えることはなかなかないけれど。


ちょっと前にできた「ちか友留学生活」というサイトを、最近よく見ています。
https://chikatomo-ryugaku.com/

人気YouTuberのバイリンガールちかさんとその仲間たちで作られた、リアルな留学情報が詰まったサイト。
“留学”と言っても、いろんな国に行くことができるし、いろんな形があることに驚きます。
そして、何歳からでも海外で学ぶことができるんだなぁとも。
あと….アメリカに留学するって、ものすごく費用がかかることにもびっくり!

自分の知らなかった世界や生き方を知ることで、
今の自分のやるべきことが、よりクリアに見えてくるような気もします。
(できてないことも多くて、臭いものに蓋をしたくもなるけど…)

締め切りに追われっぱなしの毎日 だけど、
しっかり食べて寝て、乗り切っていこう。
“if”な話と切り出したけれども、ありきたりなオチでしか締めくくれません。
平々凡々な、愛すべきMy Life!

 

NHK World Radio Japanで

英語のリスニングのためによく聞いてる
NHK World Radio Japanの番組で
阿波踊りや藍染のことが紹介されていました。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/travel/20180907.html

「眉山」や「両国橋」、「藍の館」といった馴染みの場所や
「ささ連」「にわか連」など阿波踊りの連の名前が出てきて
親しみを持って10数分一気に聞くことができました。

ここで話されてる内容をディクテーションして、
自分なりにまとめる時間が欲しい。
徳島のことをもう少しきちんと英語でも紹介できるようになるのが、
ここ数年以内に叶えたい大きな目標です。

NHK WORLD JAPANは日本のニュースの話題がほとんどなので
知らない単語やフレーズが出てきても背景知識があるから意味が推測しやすく
私のように海外生活になじみがない人間にとっては
とっつきやすくて、おすすめです。

初受験となるTOEICまであと50日を切りました。
慌ただしい毎日の中で、
どれだけ多く英語に触れる時間を作れるか、
毎日試行錯誤しながら楽しんでます。

 

 

台風の夜に覚えたい英単語

2年前、東京出張中に台風に見舞われ、ホテルに缶詰になりました。
あまりに暇だったので部屋でレアジョブのレッスンを受け、
台風に関する英語をいろいろ教えてもらいました。
その時の備忘録がこちら。
http://www.pecograph.com/note/?p=2249

改めて見返すと、
やはり身を以て経験した言葉は記憶に残りやすいと思いました。

あれから2年。
今日ニュースで見知った単語やフレーズも忘れないうちにまとめておきます。


make landfall=上陸する
Typhoon Cimaron has hit Japan’s western main island of Shikoku, making landfall in the south of Tokushima prefecture.
台風シマロンは四国を直撃し、徳島県南部に上陸した。

traveling=移動する
The typhoon is traveling northward.
台風は北上しています。
“travel”は旅行するという意味だけでなく”移動する”という意味もあるそう
(↑ TOEICの練習問題でもよく出る)
バスケの”トラベリング”はここからきているのだとか。

disrupt=混乱する
Transportation services are disrupted.
More than 300 flights have been canceled.
Shinkansen bullet trains between Osaka and Hiroshima are suspended.
交通機関は混乱している。
300以上の航空便は結構となり、大阪-広島間の新幹線は運転を取りやめた。


スラッと口から出てくるまで、音読しようっと。

さっきまで台風の目の中にいて静かだったのが、
急に雨脚が強まり風が激しく吹き始めました。

レアジョブ
600回達成しました

今日、レアジョブのレッスン受講回数が600回を達成しました。

400回を達成したのが去年の9月半ば。
http://www.pecograph.com/note/?p=4495
ふむふむ、200回前はこんな感じだったんだ。

こうして成長の過程を記しておくと、後から振り返った時に励みになるので
できるだけ書き留めておこうと思いました。
(500回の時はサボってしまった…)

400回〜600回の間にできるようになったこと、
レアジョブのレッスンに対して思ってることはこんな感じです。

1.海外旅行で困らない程度の会話力はついた

このことについては以前こちらにまとめて書きました。
http://www.pecograph.com/note/?p=6649

2.興味のあることは英語で情報を拾えるようになってきた

旅や食べること、ワインなど興味があることは英語の記事も積極的に読むようになりました。
「さあ今から英文を読むぞ!」という気合がなくても、スッと読めるように。
でもまだ時事ニュースを読むのは億劫に感じます。

3.英語の本を読めるようになった

児童文学など、そんなに難しいものではないもの限定だけれども
月に一冊程度、英語の本を読むことができるようになりました。
今は、日系三世の方が書いた児童文学小説を読んでます。
英文のまま物語を味わって、感情が動くのがうれしい。

図書館やKindle Unlimitedなどを積極的に活用して、いろんな本に出会えるといいな。
おすすめがあったら教えてください。


4.ディスカッション教材が楽しめるように

最近はレアジョブのニュース教材「Daily News Article」を使ってレッスンすることが増えてきました。
400回レッスンを達成した頃は、まだこれらの英文を読むのにもハードルを感じていたし、
ディスカッションするための準備に多くの時間が必要だったので、
この点は200回のレッスンを重ねることで大きく成長したことのように思います。
世界の時事ネタを中心に、幅広いトピックのニュース記事をまとめた
Daily News Articleはレアジョブ会員でなくても見ることができるようなので、
実用的な英会話表現や英単語を身に付けたい人にはおすすめです。
https://www.rarejob.com/dna/

5.レッスンを「アウトプットの場」と、より意識するように

以前はレッスンの教材をこなすので精一杯だったけれども、
この頃はレアジョブ以外でインプットした単語やイディオム、フレーズを
“アウトプットする場”としてレッスンの時間を活用するように意識して心がけています。

6.インプット無くして、会話の上達なし!

こうやってレアジョブを楽しんで続けることができているのは、
とにかく「英語をコミュニケーションの道具として使いこなせるようになりたい」という思いがあるから。

そして、そのためにはやはりインプットがアウトプットと同様…もしくはそれ以上にとても重要だと感じるようになりました。
具体的にはTOEICの勉強をしたり、会話に特化したトレーニングのオンライン講座を取ってみたり、テレビやラジオの英会話講座を見たりetc…。
インプットの方法について書き始めると長くなるので、これはまた気が向いた時に。

そうやって何度も何度もインプットとアウトプットを繰り返すことで、
少しずつ会話で使えるボキャブラリーが増え、
英語で表現できることの幅が広がってくるのだなぁと。
とにかくコツコツコツコツ、
ひとつひとつ地道に積み上げていくことでしか語学習得はできなのだと痛感しています。

けれどもやればやるほど、
英語が楽しく、
そしてどんどん好きになってきているのを感じます。

さて、次の100回のレッスンを達成した時にはどんな風景が見えてるかな。

2回の体験レッスン+カウンセリングが無料受けられます。
私もすべてはここから始まりました。


これまでのレアジョブ体験記録はこちらにまとめてます。
http://www.pecograph.com/note/?tag=レアジョブ
改めて振り返って見てみると、
最初は単語もしくは2〜3語でしかしゃべれてなかったんだったな…。

aとanとthe

プレミアムモルツの商品名に“the”がついていることなんて
これまで意識したことがありませんでした。

アメリカ出身のネイティブの方に、
冠詞の発音の仕方について驚くことを教えてもらったのでメモ。

“an apple” “an orange”と“a desk” “a chair”というように、
母音がつく単語の前には“an”を、そうでない場合は“a”をつけることは
明確に区別しているけれど、
“the apple”は別に「ザ・アップル」と発音してもまったく問題ないのだとか。

“the”の発音に関しては
ネイティブは意識して使い分けてるのではなく、
読みやすいように読むとザ(ðə)になったりジ(ði)になったりしてるだけなんだとか。

名詞や形容詞を強調して伝えたい時は
“ジ(ði)”と発音することもあるそうです。

この動画の説明がとっても分かりやすかったです。

母音の前に来たtheはジ(ði)と発音する、と
学校教育で叩き込まれたのはなんだったんだろう??
こういった些細なことが気になって、
英語を話せなくなってしまう日本人はとても多いような気がします。

でも、冠詞が英語の中でとても重要な役割を果たしていることも、
英語を勉強をすればするほど、強く感じてます。

例えば、冠詞の使い方ひとつで、文の意味合いがこんなにも変わってくるそう。
https://www.juku.st/info/entry/967

1 Tom has a cat.
トムは猫を飼っている。

2 Tom has the cat.
トムはその猫を持っている。

3 Tom has cat.
トムは猫肉を持っている。

4 Tom has cat food.
トムは猫の餌を持っている。

小さくても、ピリリと効くスパイスのよう!?
もうちょっと意識して冠詞を使い分けれるようにならねば、と思いました。

Life is a journey,
not a destination.

最近、英語の勉強が楽しくて仕方がありません。

もちろん、まだまだ流暢にはほど遠いレベルだし
言いたいことがうまく言えないもどかしさを感じることはしょっちゅうです。

けれども、ちょっとずつできることが増えてきて
以前はよく“できなくて落ち込む”ということがあったけれども、
今はそういうことはほとんどなくなってきました。

「できなかったことは、次にできるようにしよう!」と素直に思えるし、
復習したことが別の機会でうまくいくと とにかくうれしくて、
「もっともっとできることを増やしたい!」と思えるように。

なんとなく伸び悩みを感じていたここ数ヶ月だったけど、
いつの間にかそこからスルッと抜け出し、
いい循環に入ってきた気がします。

ほとんど英語で会話ができなかったシンガポールの旅から
3年1ヶ月経った今の状態はこんな感じ。
↓ ↓ ↓


・旅先のホテルやレストランなどではほぼ困らなくなった
・uberの運転手と世間話を楽しめるようになった
・オンライン英会話の先生との会話で聞き取りに困ることはなくなってきた
・わからない場合はわかったふりをせず聞き返せるようになった
・ラジオでの外国人アーティストのインタビューが7〜8割は聞き取れるようになった
・英語のサイトで情報を探すことが前より億劫でなくなってきた
・でもまだジャンルによっては難しく感じるものもある
・海外の美術館や博物館で英文の説明が書いてあったら読むことはできるけど、しばらくすると疲れてくる


「海外の旅先で困らない程度の英会話力をつける」という、
当初の目標は達成できたように思います。
うん、我ながら楽しみながらよく継続できました!
がんばりすぎず、楽しいと感じることを最優先にしてきたから、
ここまで続けて来れたと思ってます。

次の目標は…なんだろう。
・日本や身近な暮らしのことを、英語で発信したり伝えたりできるようになりたい
・自分の今の仕事と英語を何か絡めてできるようになりたい
(それが何かはわからないけど、ぼんやりと)
などが、パッと思いつくところ。

あとは、これまであんまり興味がなかったアメリカに行ってみたいと思うようになりました。
アメリカを旅した時にネイティブの人といろんな会話を楽しめるようになること。
これも大きな目標です。

最近知った、好きなフレーズ。
Life is a journey, not a destination.
意訳すると
「人生とは最終地点を目指すことではなく、その旅路を楽しむもの」
といった感じかな。

英語学習もまったく同じだと思う、今日この頃。
Learning English is a journey,not a destination.
英語学習の旅を自分らしく楽しんでいきたいと思っています。

英会話をこれからちょっとでも始めてみたいと思った方へ参考記事

音読のすすめ
http://www.pecograph.com/note/?p=3295
英会話力をつけるためには英会話力をつけるためには
音読にはじまり、音読に終わる!だと私は思ってます。
中学校レベルの英語をとにかく声に出して読みまくってたし、
今も目にした英語を音読しまくってます。

レアジョブのカウンセリング受けてみた
http://www.pecograph.com/note/?p=726
レアジョブ体験レッスン受けてみた
http://www.pecograph.com/note/?p=743
レアジョブ、はじめてみました
http://www.pecograph.com/note/?p=795
その他レアジョブ関連の記事
http://www.pecograph.com/note/?tag=レアジョブ
スピーキング力が伸びたのは、まぎれもなくレアジョブのおかげ。
こんなに格安で英語をアウトプットする機会が持てるなんて、本当にいい時代だと思ってます。

TOEICの目標スコア
http://www.pecograph.com/note/?p=5391
あんまり最近はTOEIC対策はできていません。
机に向かって勉強するのがやはり億劫で…。
会話を楽しむための学習をしながら、どれくらいのスコアが取れるかという観点で秋くらいにチャレンジしてみようと思ってます。

© 2018 Pecograph. All rights reserved.