Pecograph

a day in my life

Menu Close

Category: 英語の勉強 (page 2 of 8)

TOEIC試験の
結果がでました

10月末に受けたTOEICテストのスコアがオンラインで発表されました。

結果は
リスニングが385点
リーディングが360点の
合計745点でした(満点は990点)。

うーん、独学で初受験としてはまずまずだとは思うし、
今年初頭に「730点取りたい」と言っていた目標スコアを超えることができたので、
その点に関しては、少し達成感を感じます。
http://www.pecograph.com/note/?p=5391
試験直後はもっと最悪のスコアをイメージしていたので、
勉強したことがそれなりに数値となって表れたことに、ホッとはしました。

けれども、なんだろう…。
正直やっぱり「悔しい!」という気持ちの方が大きいです。

特にリスニング。
これだけ毎日ラジオ英会話やpodcastを聞いて、
オンライン英会話でも日常会話にはある程度困らない状態になってきてるので
最低でも400点は越しておきたかったです。

まだまだ分かったつもりになっていて
詰めが足りないということに気付かされました。

TOEIC LRテスト745点が一般的にどの程度のレベルなのか調べてみると
このページの説明がわかりやすかったです。
https://toiguru.jp/toeic-level#smoothplay5
レベル1〜7までに分類すると、上から3番目のレベル5。

引用させてもらうと

レベル5学習者の英語力
英検準1級レベル
社内で「英語が得意な人」と認識される
英語学習へのストレスはほぼない
長文リスニング・長文読解は苦手

上のふたつはよくわからないけれど、
下のふたつは確かにそうだ。

TOEICで高スコアを取ったからといって
流暢に話せるわけではないけれど、
“英語力を図るものさし”としてはやはりTOIECテストの精度は高いと、改めて思います。

そして今後の課題は以下の通りだそう。

レベル5学習者へのアドバイス
800点の壁突破には、テクニックだけでなく英語力そのものが重要
これまで以上に学習の「量」が求められる
「問題演習→復習→反復」を高速回転させるべし

次の目標スコアは850点。
今のスコアからこのレベルに到達するまでは275時間の学習時間が必要なのだそう。
https://www.rarejob.com/englishlab/column/20161029/

愚直にコツコツ積み重ねていくしかないな。
もちろん楽しむ気持ちを忘れずに。
そして勉強内容の質を高めていくことも大切に。

モヤモヤ悔しい気持ちを
次へのステップへときちんとつなげていこうと思います。


The result of the TOEIC test was announced this afternoon.
Although it’s my first time to take the TOEIC test, I got a score of 745.

At the beginning of this year,my target score is 730.
So to speak,my new year’s resolution came true.

But I’m not totally satisfied with the result because I was not able to get a good score on the listening part.

My final goal is to get a high score confidently in an exam even without studying so much for it.
That means I become a fluent English speaker.
That’s the reason I am studying a lot right now.

第234回 TOEIC
初受験備忘録

TOEIC初受験を終えて2週間が経過しました。
そして早いもので、来週前半にはオンラインで結果が発表されるそうです。
結果を早く見たいような、見るのが怖いような複雑な心境です。

「TOEIC 234回」でgoogleで検索すると、
私が受けた試験の内容について、
いろんな人が分析しているのを見ることができます。

「簡単だった」という人もいれば
「難しかった」という人もいて、書いてあることはマチマチ。
私は思っていたよりも、うんと難しく感じました。

客観的に見て簡単であったにせよ、難しかったにせよ、
残念ながら自分が目標としていたスコアは取れていないような気がします。
そしてそれは「まだまだ精進しなさいよ」ということだと思っています。

いわゆる「TOEIC」と呼ばれている
「TOEIC Listening & Reading Test」
100問のリスニング問題と、100問のリーディング問題があり
合計2時間で解いていきます。

公式サイトで紹介されている試験問題はこんな感じ ↓
https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format.html

もうだいぶ記憶が薄れかかっているのだけど、
受験してみての雑感を忘れないうちにメモしておこうと思います。

リスニング問題

直前の模試や練習問題の出来具合いから、
リスニングに関してはまあまあいい感じで仕上がっていると思っていました。
なので、本音を言えば9割以上の得点を取りたいと思っていました。
けれども、しょっぱなから「???」となってしまう問題があり、
焦ってペースが乱れました。

part1

写真描写問題は6問中2問自信のない問題あり。
このパートは満点を目指していたので、一瞬軽いパニックに。

part2

25問からなる応答問題。
模擬試験でははじめの方は易しく、
後半になるにつれ難しい問題になっていたと思うんだけれども、
本番ではpart2に入ってすぐから難しい問題がいくつか出てきて、
これまた想定していなかったことで焦る。

part3

会話問題39問。
ここにきてようやく少し気持ちを落ち着かせることができたように思います。
問題文を先読み→音声を聞く、というリズムは大きく崩れることなくできていたと思います。
けれども聞き取れない単語もいくつかって、取りこぼしている問題も少なくはない気がします。

part4

説明文問題30問。
このパートも比較的落ち着いてできたかな。
ただやはりわからない単語、聞き取れなかったフレーズもあり。
記憶があまりありません…。


リーディング問題

自分の中ではまだまだ課題だらけのリーディング力。
今回はマークシートを塗るだけの「塗り絵」をできるだけ少なくすること、
可能であれば残り5問程度残すくらいのスピード感で解いて行くことが目標でした。

part5

短文穴埋め問題30問。
TOEICの試験対策を始めたときに、とにかく苦手だったのがこのパート。
いかにもペーパー試験!といった感じの問題がずらりと続くので、なかなか勉強する気持ちになれませんでした。
けれども、試験の2ヶ月くらい前からスタディサプリで文法を徹底的に復習することで慣れてきて、苦手意識は随分となくなりました。
そして試験本番も一番スムーズに解くことができたパートだったと思います。
対策本などではこのパートの30問を10分で解くように言われているけれど、いいペースで解くことができました。

part6

リーディングセクションのなかでは、
私はこのpart6が一番得意で、模試などでも得点源となってました。
なのに、本番では「あれ?あれれ?」と思うことが頻出。
せっかくpart5でリーディングのいい滑り出しができたのに、ここでまた自信喪失。
「最悪のスコアをとったらどうしよう」という邪念が頭の中で渦巻き始めました。
受験してみて思ったけど、試験中の邪念は邪魔者以外の何者でもありませんね…。

part7

ここから54問の長文問題が続きます。
正確さと同時に、解くスピードが求められるパート。
けれどもpart6がすっきり解けなかったことをひきずって、
1問1問慎重に解いていたら、時間がどんどんなくなってきて気持ちが焦ります。
この焦りの感情のせいで、
落ち着いたら解けてそうな問題をいくつも落としてしまったように思います。
そして試験終盤、時計を見たらあと8分の段階で15問が空白状態。
とりあえずCを塗りつぶし、
余った時間で解けそうな問題だけを解いて、塗り直していたらタイムアウト。
周りの人の机と比べて、自分のまわりに消しゴムの消しカスがやたら多く残っていた光景が目に残っています。


思っていた以上に、あっという間の2時間

「あっという間に終わってしまった」というのが、初受験の率直な感想です。

そしてこうして改めて書いてみて思ったことは
試験の最中で気持ちの揺らぎが大きい、ということ。

もっと冷静に、解いてる問題に集中できるよう訓練が必要だと思いました。

そのためには、
きちんと時間を計って模試を解く練習を多く持つこと、
そしてある意味受験回数を重ねることも
高スコアを取るためには必要なのだと感じました。
一発受験で目標スコアをGETしようとしたけど、それは甘かった…。

そして、本番で動揺するようなことがあっても
それをカバーできるくらいのしっかりとした英語力をつけること。
これが何より大事なのだなとも思いました。

TOIEC受験で身についたこと、これからの付き合い方

TOEIC受験をして良かったと思うことは
文法について改めてしっかり学べたこと。
それによって、英作文をする力はずいぶんとついてきました。
これを会話力にどうつなげていくかが、今の大きな課題です。

自分が英語を使ってやりたいことは何なのか、
そのためにはTOEICとどうつきあっていったらいいか、考えていきたいと思います。

さて、次の受験をどうするか。
やはり試験前は気持ち的にかなりバタバタしてしまうので
年明けや年度末の受験は控えておこうかなと。
なので、半年後の4月か5月あたりにまた挑戦してみようと思ってます。

2020年までには840点を取りたいな。
いわゆる高スコアと呼ばれる得点を「取りたい!」と公言できるようになったことは
初受験に向けて努力をした成果のひとつかな、と思います。

ほどよく自分に負荷をかけながら、楽しんでいきたいと思います。

TOEICに対する自分の気持ちの変化も振り返ってみるとおもしろい!

TOEICについて、ちょっと考えてみた。(2016年10月)
http://www.pecograph.com/note/?p=2432

TOEICの目標スコア(2018年1月)
http://www.pecograph.com/note/?p=5391

「プラダを着た悪魔」
で英会話。

TOEICの試験が終わったら、
絶対に買おうと思っていた本があります。

プラダを着た悪魔
(名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)
https://amzn.to/2F6ZwWA

大好きな映画「プラダを着た悪魔」の
英語のセリフと日本語訳が掲載された本。

これを片手に映画を見ながら、
リスニングしたり、シャドーイングしたりすると
なんだか楽しく英語のフレーズが身につきそうだなと。

ついでにiTunesで映画も購入してダウンロード。
プラダを着た悪魔 (字幕版) – デイビッド・フランケル

これで、スマホでもMacでもテレビでも
いつでもどこでも映画を観ることができるように。

朝起きてすぐにベッドの上で、
仕事の合間にMacで、
寝る前にリビングでと、
ちょっとした時間ができたら、
映像を流してスクリプトを見るのがとっても楽しい!

この本のいいところは、
英語と日本語が2ページ見開きで対になって掲載されていること。
単語やイディオムの意味が書かれているので、辞書いらずなこと。
そして、ところどころに映画の描かれた背景についてのコラムがあって、
読み物としても楽しめること。

フレーズを覚えようとするのではなく、
何度も何度も繰り返し映画を見て、読んで、楽しんで、
ちょっと小粋なニューヨーカーたちの会話のエッセンスが
少しずつ身についたらいいな。

これからずっと長く付き合っていけそうな
一冊に出会えて、大満足です。

試験終わって勉強する時間が減るのかと思いきや、
日々の学習時間は試験直前と大して変わらず。

あの手この手で自分を飽きさせない方法を見つけるのは、
まあまあ得意かもです、私。

 

TOEICの会場

先週の日曜日、初めてTOEICの試験を受けてきました。

試験会場は大阪京橋のNTT西日本研修センター。
近代的でとてもスタイリッシュな建築は
数年前にグッドデザイン賞を受賞したそうで、とても快適でした。

試験の感想など振り返りは、また時間ができたら書く予定。

10月は仕事と人と会う約束をしている時間以外は
ほぼすべてTOEIC対策に費やしていました。
そして、あっという間でした。

結果はともあれ、
楽しんで試験勉強に取り組めたことは、
自分で自分を褒めてあげたいと思います。

受験票が来た!

いよいよ来週末に押し迫った、初めてのTOEIC試験。
受験票がようやく届きました。

受験票に書かれた当日に持っていかないといけないもののうち
以下の二つは持ってないので、忘れないよう揃えておかねば。
・HBの鉛筆もしくはシャーペン
・腕時計
そして何より、試験当日受験票を忘れないように!

10月の試験は四国では受けられる会場がなかったため、
大阪での受験を希望しました。

大阪といえども広いので、
受験票が届くまで会場がどこになるかわからなかったので不安でした。
蓋を開けてみると(正しくは封を開けてみると)
これまで何度も行ったことがある京橋駅が最寄駅となる会場だったので、ホッと一安心。

しかも試験の前日は奈良に泊まって、
奈良から会場入りする予定だったので
JR1本で行くことができるのでありがたい。

ずいぶん前に帝国ホテルの窓から撮った写真に
会場近くの風景が写っていました。
山の向こうが奈良。

会場への道を調べるためgoogleMapを見ていると
ついつい現実逃避してしまいたくなるけれど、
10日後はこの風景のなかで力を出し切らなくっちゃ。

気分は受験生

初めてのTOEIC受験まで、3週間を切りました。

仕事をしながら何か新しい事を習得するのって、
こんなに大変だったのかと痛感する日々。

やらなきゃいけないことも、
何をどうやったらスコアに繋がるかもわかっているけれど、
そのための勉強時間をなかなか思うように捻出することができず
歯がゆい気持ちで過ごすことが多くなってきました。

きっと、最後の追い込みは精神力が勝負。
思うようにならない苛立ちや焦りといった感情も、
どうにかうまくコントロールしなくてはと思っています。

なかなかまとまった時間を作って机に向かうことができないので、
とにかく隙間時間をスマホアプリで有効活用。
スタディサプリという強力な学習ツールと出会ったおかげで
飽きることなく英語の基礎をしっかり学んでこれました。

試験が終わったらこのアプリについても詳しくブログにまとめたいな。
本気でTOEIC受験を考えている人には、本当におすすめ。
https://eigosapuri.jp/

とにかく試験が終わったら、
海外ドラマを見たい!
英語で本を読んでみたい!
オンラインレッスンでうまく言えなかった表現をちゃんと調べてみたい!
ブログももうちょっと英語で書いてみたい!
と、英語を通してやってみたいことがたくさん。

受験生の時に
「受験が終わったら本を読もう!映画を見るぞ!」
と思ってたのと、まったく一緒だ。

この熱量を、うまく試験本番と、そして今後に繋げていこう。

 

“if”な話。

英会話の先生と、「もしも◯◯◯だったら、どうする?」という話で盛り上がりました。

質問
もし働かなくてもいいくらいお金があったら、働くか?
答え
これは即答で「働きたい」でした。
困らないくらいお金があったとしたら、働き方はきっと今とは違ってくるだろうけど。
それでもきっと、何か仕事をしていたいと思います。

質問
もし、宝くじで10億円あたったら?
答え
留学して数年間大学で勉強して、そして数年海外で働いてみたい。
そしてそのあとは日本と海外を行ったり来たりできる仕事を生業にしたい。
これも即答だったな。
もしも海外の大学で勉強するとなると、何を専攻しようか。
そんなこと考えると、たまらなくワクワクします。
まあ、あくまで”if”な話だけど。

好きなだけ好きなことを学んだり、
自分が必要とされる生業があることが、
自分がしあわせを感じることなのだと、改めて思いました。
慌ただしい日常で、そんなことを立ち止まって考えることはなかなかないけれど。


ちょっと前にできた「ちか友留学生活」というサイトを、最近よく見ています。
https://chikatomo-ryugaku.com/

人気YouTuberのバイリンガールちかさんとその仲間たちで作られた、リアルな留学情報が詰まったサイト。
“留学”と言っても、いろんな国に行くことができるし、いろんな形があることに驚きます。
そして、何歳からでも海外で学ぶことができるんだなぁとも。
あと….アメリカに留学するって、ものすごく費用がかかることにもびっくり!

自分の知らなかった世界や生き方を知ることで、
今の自分のやるべきことが、よりクリアに見えてくるような気もします。
(できてないことも多くて、臭いものに蓋をしたくもなるけど…)

締め切りに追われっぱなしの毎日 だけど、
しっかり食べて寝て、乗り切っていこう。
“if”な話と切り出したけれども、ありきたりなオチでしか締めくくれません。
平々凡々な、愛すべきMy Life!

 

NHK World Radio Japanで

英語のリスニングのためによく聞いてる
NHK World Radio Japanの番組で
阿波踊りや藍染のことが紹介されていました。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/travel/20180907.html

「眉山」や「両国橋」、「藍の館」といった馴染みの場所や
「ささ連」「にわか連」など阿波踊りの連の名前が出てきて
親しみを持って10数分一気に聞くことができました。

ここで話されてる内容をディクテーションして、
自分なりにまとめる時間が欲しい。
徳島のことをもう少しきちんと英語でも紹介できるようになるのが、
ここ数年以内に叶えたい大きな目標です。

NHK WORLD JAPANは日本のニュースの話題がほとんどなので
知らない単語やフレーズが出てきても背景知識があるから意味が推測しやすく
私のように海外生活になじみがない人間にとっては
とっつきやすくて、おすすめです。

初受験となるTOEICまであと50日を切りました。
慌ただしい毎日の中で、
どれだけ多く英語に触れる時間を作れるか、
毎日試行錯誤しながら楽しんでます。

 

 

© 2019 Pecograph. All rights reserved.