Pecograph

a day in my life

Menu Close

Month: 5月 2017 (page 1 of 2)

レベルアップ!

ゴールデンウィーク明けに、レアジョブの「スピーキングテスト」を久しぶりに受けました。
スピーキングテストとは、総合的なスピーキング力を客観的なスコアで測定するもの。

テスト中は集中力が欠けてかなりメタメタだったので、
「前と同じか、下がってるかも…」と落ち込み
届いた結果を開封するのが怖かったのだけれども、上がってました!

10段階レベルの6。

「興味のあることについて、会話が続きます。
興味のあることについて自分の意見を言ったり、
相手の話を聞いたりして、長い会話ができます」

というレベルで、一応中級レベルの仲間入り!
ようやく初級レベルを卒業できたこともうれしいけれど
それよりも
“小さな努力を積み重ねて何かを掴むことの喜び”を
思い出させてもらえたことが、何よりもうれしかったです。

「伝える力」「発音」「文章構成」「文法」「理解する力」「流暢さ」の中で、
最も弱いのが「文章構成力」。
やはり英語を読んだり聞いたりインプットする時間も
しっかり持たなくてはと思いました。

この結果を励みに、
焦らず腐ることなくこれまで通りコツコツ続けていこう。


I have a good news!
I took a speaking test of Rarejob at the beginning of this month.
Today,I got the exam result.
My English speaking level is evaluated LEVEL6 which means my English speaking skill is intermediate.
I graduated from the beginner level!!
I’m so happy.
And I’d like to keep practicing English.

 

語学学習はインプットとアウトプットのバランスが大切。
圧倒的にアウトプットの機会を増やすことができたのはレアジョブのおかげ。

スカッとしたい。

なんとなくの体調不良が続き、すっきりしない。
いろいろ整えて、早くスカッとしたい。

こどもの日に見かけた鯉のぼり。
東京都内でこんな風に鯉のぼりが上がってるのをはじめて見ました。

山手線

高校生の時に学校で習った知識なんて
大学受験が終わるとすぐに忘れてしまったけれども
授業中に先生が話してくれた他愛もない余談は
意外とずっと覚えてたり、ひょんな時に人生の役に立ったりすることがあります。

「夜行バスで東京に早朝に着いて、
お金を使わずに時間つぶしたかったら山手線に乗るといい」

という社会の先生の話も、そんなひとつ。

飛行機に乗るお金がなかった若かりし頃、
この言葉を思い出して、何度助かったか。

「東京は降りる駅によってカルチャーが全然違う。
駅によって乗り降りする人の雰囲気も変わってくるから観察するとおもしろい」

といった話も、
電車が走っていない田舎に住む高校生にとっては新鮮で
東京という都市を知るのに、ずいぶん役立ちました。

ゴールデンウィークの山手線で
空いた車内のシートを陣取って気持ちよさそうに熟睡している人を見かけた時、
ふと、その先生のことを思い出しました。

On Sunday Night

「痩せる」とタイトルがついた小林麻央さんのブログの記事を読んで
図らずも涙が出てきて止まりませんでした。
https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12276707987.html

ちょうど1年前は父の四十九日でした。
そんなこともあって、
父の入院していた頃のことをいろいろ思い出してしまったからかもしれません。


命とは 理由も意味もなく生まれて
いろんな意味を見つけて消えていく

なんでもない明日にも
挫折や不安がそっと潜んでいて
ほんのちょっとのおまじないで
それはウソみたいに光に変わる


スガシカオの配信限定の新曲雨ノチ晴レの歌詞に
たくさんの力をもらってる、この頃です。
http://j-lyric.net/artist/a000655/l03fc2c.html

 

そして、小林麻央さんのブログからは
当たり前のように日々過ごしていると見過ごしてしまう
命の輝きについてハッと気づかされることが多いです。

どうか彼女に奇跡が起こりますようにと、いつも願ってます。

英会話と筋トレ

オンライン英会話を始めてまもなく1年3ヶ月。
毎日30分のレッスンで英語を話すことがすっかり習慣になり、
ここ最近は1日1回英語をしゃべらないと、
なんだか気持ち悪く感じるようにさえなってきました。

先生が話してくれる英語を聞き取ることには不自由しなくなってきたし
英文を組み立ててしゃべることにもだいぶ慣れてきて
以前は軽くパニックになっていたレッスン中の想定外の質問や
とっさのやり取りで困ることもなくなりました。

かつて「負荷」と感じてたいたことが
「負荷」じゃなくなってきてるのを実感します。

まだまだボキャブラリーも乏しいし
深い話を突っ込んですることはできないので
この状態からさらに一歩進むためには
もう少し自分に負荷をかけていかなくっちゃね。

英会話の訓練って、なんだか筋トレに似てる。

とにかく継続は力なり、を実感。

母の日

今日は母の日。
妹家族も帰ってきているということで、夕方から実家へ。

母はせっせと料理をつくったり
ウルトラマンごっこがマイブームのやんちゃな甥っ子の世話をしたり
いつもと変わらず、家族のためによく働く。

「お母さん、ありがとう」とは口先ばかりで、
居心地のいい実家でゴロゴロ怠けてばかりの娘たちでした。


Happy Mother’s Day!

All your life you sacrificed your own happiness for ours.
As a mother,you did everything to make things perfect for us.
Words are not enough to express how thankful I am.

 

浜松町 AM9:00

ちょうど1週間前の金曜日に見た景色。
平日の朝は通勤の人たちでごった返しているJR浜松町駅も
ゆったりとした時間が流れていました。

ゴールデンウィークに東京に行ったのは、恐らく初めて。
電車も街もいつもよりうんと空いてて、
田舎者にはとても快適に感じました。

これからゴールデンウィークの選択肢のひとつとして
観たいものを見に、東京へひょいっと行くのもいいなと、ふと思いました。

しかしこの頃本当に物欲がなくて、
3日間の東京滞在で買ったものは
消耗品の化粧スポンジとソールライター展の図録のみ。

そして、エンゲル係数は高めの旅でした。

 

交差する時間

学生時代からの旧友との久しぶりの再会は、
初めて降りる駅で待ち合わせ。

そして
昼間っから蕎麦屋で一献。

こうして選ぶお店や出かける街は
年を重ねるにつれに変わってはきているものの
かつて毎日キャンパスで会っていた時と変わらない勢いで
互いに話したいことが次々出てきて止まりません。
彼女との会話のキャッチボールの心地よさも、昔と変わらず。

彼女はSNSを一切やっていないので
まったくと言っていいほど、近況を知らなかったんだけど
そんな情報のタイムラグなんて微塵も感じず、お酒も進みます。

時間は流れ
環境も変わると
自分も少しずつ変わっていくし、
それはもちろん、相手もそう。

なのに
遠く離れて住んでても
こうして長い年月の間で
時折、交差する時間を持ち
いろんなことを共有できる存在って、不思議でありがたい。

たくさん食べて飲んで歩いて
くたくたになるまで一緒に遊んだ1日。

そういや大学を卒業してからは
彼女とはいろんな街で会ってきたけど
さてさて、次はどこで会えるかな?

そろそろ徳島にも来て欲しいです。
(いつもブログを見てくれてるようなので、ラブコール!)

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.