自分が「見ている世界」は、
ともすると「見たい世界を見ているだけ」ということを忘れがち。

来月初旬にある、徳島市長選。
同じSNSでもTwitterとFacebookでは、
流れてくる情報のトーンも質も全然違ってて、とても興味深いです。

どちらも
自らフォローしたり
必要と思って繋がったりして、
それなりに選んで見ている情報のはずなのに。
交わることのないパラレルワールドのよう。

今回の選挙に関しては、
Twitterの方が冷静で建設的な意見を見つけやすいように感じてます。

とはいえ、
なるべくフラットな目で情報を見て、
投票するギリギリまで考えようと思います。

なんとなくの空気や意見に流されないように。

自分の一票で何かが大きく変わりはしないかもしれないけど、
大切な一票を投じるために、
自分の住んでる町のことや、
地方政治についていろいろ考えるきっかけになっています。

そして、
投票した後もほんの少しでもそうした視点を持ち続けることが大事なのだなと。

でも、残念なことにあんまり盛り上がってないような気も…。
コロナの影響もあるし、投票率が心配。