年末に新しいカメラを買った。
今使ってる一眼レフもレンズも気に入ってるけれども、ふだん持ち歩くにはどうしても荷物になるので、いつでも鞄に入れておけるコンパクトカメラを。

コンパクトカメラなのに、なかなか手強い相手。
その手強さは、もしかしたら銀塩・デジタル含め、これまで使ってきたカメラの中で一番かも。

でも癖があるからこそ、思ったように撮れた時はうれしさもひとしお…のはず。
そうなることを願って、しばらく新しい相棒と濃く深く、でも気軽につきあっていこうと思う。

きっと、どんなことでも、簡単ではないからこそ楽しい。
結果だけじゃなく、その過程も含めて。
あ、これ、写真だけじゃなく仕事もそうだなと、ふと我に返る。

カメラについて詳しくは、また後日(多分)。