6月23日。

今日は沖縄慰霊の日。
71年前のこの日に、多くの一般の住民を巻き込み約3ヶ月続いた沖縄戦が、
日本軍の司令官の自決によって終結したのだそう。

6月23日という日付とともに「慰霊の日」の意味を知ったのも、
沖縄県ではこの日が公休日となってることを知ったのも、わずか1年前。

いわゆる「内地」に生まれ育った私は
沖縄のことも沖縄戦のことも、多くを学ぶ機会を持たないままこの歳まで生きてきました。

いつも平和のことを考えているような意識の高い人間ではないけれど、
沖縄のこの海が、どうかいつまでも美しいままでありますようにと願うとともに、
ただ願ったり祈ったりするだけではなく、
まずは「知らないことを知る」ということは
どんな物事においても大切だなと、改めて思うのです。

昨日ネットニュースで読んだ、この記事が心に残りました。

「東京で黙とうしづらい」 上京した県民が過ごす23日
http://mainichi.jp/articles/20160621/mog/00m/040/004000c

あと、THE BOOMの「島唄」のできた背景も、ご存じない方はぜひ。

THE BOOMの名曲『島唄』の歌詞の持つ本当の意味に涙が止まらない・・・
http://buzz-media.net/moving/4417/