Sento un profumo sottile delicato.
「上品で繊細な香りがします」

イタリア語を少しかじっていたとき、丸覚えしたフレーズのうちのひとつ。
でもこのフレーズを旅先で使うことは一度もありませんでした。

6月のワイン教室のテーマは「イタリアの原産地呼称ワイン」。
イタリアで育てられている葡萄の品種は約300〜400種類。
その中で代表的な品種のワインをいろいろいただきました。

以下、メモ書き。

Ronc di Vico Sauvignon
http://www.firadis.co.jp/quality-wine/italy/ronc-di-vico
スロベニアに隣するイタリア北東部フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のワイン。
フリウリは昔からスロヴェニアとの交流が盛んで、料理を始め「東」と「西」が混ざった文化が特徴の地域。
海洋性気候で、白ワインの生産量が70%。

ZIDARICH VITOVSKA 2011
http://zidarich.it/en/
http://www.vinovinovino.com/wine/Winery/z/zidarich.html
同じくフリウリ産のワイン。
ろ過もフィルターもかけていない。
飴のような甘みと酸味、畳っぽい香り。

Soave Classico Contrada Salvarenza Vecchie Vigne 2012
http://www.ginivini.com/eng/wines.php
火山性の土壌でイタリアを代表するワイン「SOAVE」最上の区画から生まれるワイン。
「Vecchie Vigne」は古木の葡萄を使って造るワインに用いられる表記だそう。

4本目くらいからメモも怪しくなってきています…。

moris monteregio di massa marittima
http://www.inaba-wine.co.jp/wine/?id=1443663608-186703&sf=1
http://www.inaba-wine.co.jp/producer/?id=1443513496-527761&sf=1
http://www.morisfarms.com/web/en/
モリスファミリーはこの地域を代表する生産者
品種はサンジョベーゼ。

Rizolo Frizzante Secco
http://www.inaba-wine.co.jp/wine/?id=1465345065-107031&sf=1
イタリア中部の東側に位置するマルケ州で作られたワイン。
涙という意味の「lachryma(ラクリマ)」という品種。

6本目はメモすらない!
colle argento rose vino spumante
ボトルがまるっこくてかわいかったという記憶がかろうじて….

今月も楽しく美味しかったです。
(↑ 小学生の日記並みの感想)

ただ、ちょっとだけ自分の中で進歩がありました。
ワインや生産者について調べている時にヒットする英語のページが、辞書を引かなくてもだいぶ読めるようになってきたこと。
ワインについては日本語でもなかなか覚えれないことばかりだけれど、こうして好きなことから英語を身近に感じられるようになったのはうれしいな。

6本では飲み足らず、最後1本はクラスメイトからの奢り。

6月のワイン2

また来月も美味しいワインが飲めますように!