南内町演舞場の〆を飾る「総踊り」。
女踊りの踊り子さんたちの腕が上がると、スマホを持ってる観客たちの腕も上がりました。
スマホが普及しはじめるほんの数年前までは見ることがなかった光景。

フィルムのカメラを使っている頃から、もう15年くらい ゆるゆる撮り続けている阿波踊り。
毎年同じような場所で、同じような写真を撮ってるようでも、少しずついろんなことが変わってきてるんだな。

そういえば私自身が撮る道具もいろいろ変わりました。
ネガフィルム、モノクロフィルム、コンパクトデジカメ、トイカメラ、デジタル一眼、そしてレンズもズームレンズだったり、中望遠レンズだったり、単焦点の標準レンズだったりとさまざま。

今年は35mmの単焦点レンズ一本で(もちろんデジタルで)撮ってみました。

ちょっと“引き”で“観光客目線”な感じで撮った、今年の阿波踊りの写真たちをざざっと振り返り。

8月13日かちどき橋

阿波踊り両国橋。阿波踊り3

阿波踊り

阿波踊り4

阿波踊り5

阿波踊り7

阿波踊り6

阿波踊り8

苔作栄町の路地で「苔作」発見。苔作毎年恒例のホテルファーストイン前で。
予定時刻の30分前から出待ち。阿波踊り12

苔作かぶりつきの位置で。阿波踊り15立ち見席?阿波踊り14

阿波踊り

阿波踊り18

 

8月14日

阿波踊り

阿波踊り20

阿波踊り22

阿波踊り21

阿波踊り23南内町演舞場、第一部。
川から吹く風が気持ちがいい。

阿波踊り24今年はじめて、桟敷席で第一部と第二部をぶっ通しで観ました。
阿波踊り
第一部が終わって入れ替え待ち。

阿波踊り26ようやく観ることができた「阿呆連」。
南内町演舞場の第二部はやっぱり最高!阿波踊り阿波踊り振興協会に所属する有名連による総踊り。
総勢2000人の鳴り物と踊り子が織りなす「阿波踊り絵巻」。
毎年感動します。阿波踊り

踊る阿呆

最後は演舞場におりて、踊る阿呆に。
(あ、この写真だけiPhoneで撮ったものだ)

今年も見て、撮って、踊って楽しめました。

阿波踊りが終わると一気に街が静かになり、そして秋が近づいてきます。