今日、ヘルメットをかぶってとても高い所に登りました。
ヘルメット姿の自分のシルエットをパチリと一枚。

旅に出るといつもその街の一番高い塔や建物に登るくらい、高いところは大好き。
けれども足元がスケルトンになっている通路を歩くのは、少し緊張しました。
高所恐怖症の人にとっては多分、肝が冷える恐ろしさではないかと…。

通常、一般の人は立ち入ることができない海上144mからの眺めは
見慣れた街の風景だけれども、とても新鮮で壮大でした。

どこに行ったかは、次号の「あおあお」でのお楽しみ。