SIGMA dp2 Quattro
年末に買いました。

最近は‘iPhoneでサクッと撮ってSNSにupしたら元データはすぐに削除’みたいな撮り方が多くなってしまって、「もっと丁寧に写真を撮る機会を増やしたい」と思ったのが、このカメラを買おうと思ったきっかけ。
もちろん一眼レフでもいいんだけど、荷物がかさばるのでもっと気軽に持ち歩けてきちんと撮れるカメラが欲しいなぁと。

まず、ネットでたくさんの作例を見て、画質の繊細な風合いに心惹かれた。

また一方で、
・書き込みに時間がかかる→バシバシとシャッターを押せない
・バッテリーの持ちが悪い→バッテリーの交換がフィルム交換みたい
・手ぶれ補正がない
・高感度が弱い
・RAWからの現像が必要

といった不便さも、
フィルムカメラで撮ってた時の感覚に近くていいなと思った。
そしてその辺は十分覚悟して買ったんだけど、それでも思っていた以上に手強いカメラ。

一言で言うと
「ハマった時は最高だけど、そうじゃない時はものすごい微妙…」
といった感じか。

そしてそのハマる瞬間が、なかなか…ない。

例えば、私がふだんよく撮るごはんの写真は、ほぼうまく撮れたためしがない。
「え?私、こんなに写真が下手だっけ??」と軽く凹むほどの写りっぷり。
おそらく室内で撮る子どもの写真なんかもブレまくりだろう。

難しい。
でも写真を撮り始めた頃の初心に戻ったようなこの感覚は、デジタルカメラを使うようになってから初めてのことかもしれない。
なぜなら技術の進歩でカメラってどんどん便利になり、シャッター押すだけで簡単に綺麗な写真が撮れるようになってきてるから。
けれどもこのカメラだと、どんな絵を作りたいかある程度イメージし、必要な操作をしてシャッターを切らないといけない。
銀塩カメラでポジで撮ってた時の感覚に少し近い。
簡単には思い通りにならないから、おもしろい。

とにかく出歩く時はいつも鞄に入れて、心にひっかかった瞬間を丁寧に撮っていこうと思う。

悪戦苦闘っぷりはこのブログの<SIGMA-DP2-QUATTROタグ>で。
http://www.pecograph.com/note/?tag=sigma-dp2-quattro

がんばろ、そして、楽しもう。