少し遅めの昼食は、 安曇川にあるソラノネ食堂へ。

以前instagramで見かけて
大きな木のある風景がすごく印象的で気持ちが良さそうで
いつか訪れたいと思っていた場所です。

到着した時には14時を少し回っていたけれども、
ゴールデンウィークということもあって
順番待ちをする人たちが何人もいました。

%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%83%8d%e9%a3%9f%e5%a0%822

小高い丘の上にあって
決してアクセスのよい立地ではないのにもかかわらず
若い女性やカップルだけではなく、
親子連れや中高年のライダーやサイクリストのグループなど老若男女さまざまな人がいるのが
このお店の懐の深さと居心地の良さを表しているように思いました。

%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%83%8d3

待ち時間に敷地を散策。
見渡す限り広大な畑が広がっていて、
畑の手入れをする農家の人たちの姿もちらほらと見えます。

かつて、このあたり一帯は荒野だったそう。
戦後の食糧不足解消のため国策として募った海外引揚者や復員軍人、戦災者などよその土地からやってきた入植者の方々が苦労をして切り拓いた畑地だということが、メニューに挟まれたしおりに書いてありました。

「戦後開拓」というキーワードで調べてみると、
それがいかに厳しいものだったかを、慮ることができます。

この地を築いてこられた方々への敬意を表し、
さりげなくその歴史を
訪れる人々にさりげなくていねいに伝えているのが、
とてもいいなぁと思いました。

%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%99

お店で出すお米を炊いているかまども
戦後の燃料不足の時代に発明されたものだそうです。
http://soranone.jp/kamado

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

炊きたてのごはんと、地元で採れた野菜や卵でつくられたお料理たち。
おいしかったです。
ごちそうさまでした!

ソラノネ食堂
http://soranone.jp/cafe

琵琶湖一周の旅2016