6月のワイン教室の備忘録。

先月はニューヨーク州のワインいろいろでした。
「ニューヨーク」と聞くと
摩天楼がそびえ立つ大都市をイメージするけれども
それはニューヨーク〔州〕のごく一部。

大都市ニューヨーク〔市〕を擁するニューヨーク〔州〕は
北海道と九州を併せたくらいの広大な敷地を持ち
カリフォルニア州、ワシントン州に次ぎ
アメリカ第3位のワイン生産量を誇っているそうです。
大好きなワインがたくさんつくられているオレゴン州より多いとは知らなかった…!

ニューヨーク州の主なワインの生産地は
フィンガーレイクスロングアイランド

氷河期に形成された11個の湖が人の指のように広がっている
フィンガーレイクスはカナダの国境近くに位置し、
冷涼な気候を活かして、良質なリースリングやピノノワール種のワインがつくられています。

マンハッタンから2時間半で行くことができるロングアイランド島は、
《ニューヨークのボルドー》とも言われ、
ボルドーの主要品種である
メルローやカベルネソーヴィニヨン、シャルドネなどが熱心に栽培されているそうです。

生涯で一度は行ってみたいと思う街のひとつ、ニューヨーク。
とはいえ正直言うと、
これまで美術館巡り以外さして興味がなかったのも事実。

けれども、
今回飲んだワインを通して
今よりもっと英語力をつけて
通訳なしでワイナリー巡りをしてみたい、と思いました。

 

Anthony Road 2015Dry Riesling
フィンガー・レイクスにおけるパイオニア的存在の家族経営ワイナリー
http://www.anthonyroadwine.com/

Herman J. Wiemer Frost cuvee
シャルドネ 65%/リースリング 20%/ゲヴェルツトラミネール8%/ソーヴィニオン・ブラン7%/グリューナー・ヴェルトリーナー5%

Herman J. Wiemer Field cuvee
ベルネ・フラン30%/ピノ・ノワール30%/カベルネ・ソーヴィニオン20%/メルロー15%/レンベルガー5%
Herman J. Wiemerはドイツのモーゼル地方で300年以上ワインを造り続けてきた家系出身のハーマン・J・ウィーマーによって1979年に設立。
農薬などを一切使わないブドウ栽培とドイツの伝統的なワイン醸造を行う、NY州を代表するワイナリー。

Salmon Run Meritage
カベルネフラン 51% / メルロー49%
ウクライナからの移民コンスタンティン・フランク氏によって設立されたワイナリー。
彼の起こした「ヴィニフェラ革命」によって、ニューヨーク州でのヨーロッパ系品種の高品質なワイン造りが本格的に始まった。
http://www.drfrankwines.com/

Wölffer Estate 2015 Rose
ニューヨーク・ビジネス界で成功したビジネスマンが設立し、ドイツ出身の醸造家によってサスティナブルなぶどう栽培と最新鋭の醸造設備を融合したワイン造りが評価されているロングアイランドにあるワイナリー。
http://www.wolffer.com/

Shinn Estate Vineyards NV Red
メルロー53%/カベルネフラン12%/カベルネソーヴィニヨン12%/マルベック10%
ニューヨークのワイン生産者として、ビオデナミ農法でワイン造りに挑戦する先駆者。
http://shinnestatevineyards.com/