先週末、1泊2日で広島に行ってました。
目的はMr.Childrenの25周年アニバーサリーライブを観に行くことだったんだけど、
その前後の食のお楽しみもぬかりなく。

広島市内に到着してすぐに向かったのは「電光石火 東千田店」。
以前、広島駅前のお店で食べて美味しかったので、再訪です。

鉄板でキャベツをふんわりと小高く盛ってじっくり火を通し、
仕上げは溶き卵でまあるい形にオムレツ包みにする、
新しいタイプの広島のお好み焼き。
私が頼んだ看板メニュー「電光石火」は大葉が入っていて、
キャベツの甘みと大葉の香りが口いっぱいに広がり、
見た目のボリュームとは裏腹に、さっぱりとした食感。
そして広島焼き特有のイカ天がいい仕事をしています。
友達が食べてた「たっぷりチーズ」もおいしそう。
ごちそうさまでした!


驚いたことは、
このお店が入っている商業テナントは
かつての広島大学東千田キャパスの跡地に建っていたということ。
2階の駐車場からは、旧理学部の校舎が見えました。

広島大学は、私が高校時代に第一志望だった大学。
なので、被爆建物でもあるこの校舎は、
進研ゼミや蛍雪時代など受験情報誌でよく目にしていました。
センター試験の数学で大失敗してしまったので結局受験はしなかったんだけど、
まさかこんな形で再会するとは不思議な気分。

広島大学は東広島にキャンパスを移転したため、
この建物以外の古い校舎はすべて壊されて、
キャンパス跡地には大きなマンションが建っていたり、
一部が公園になっていたりしました。
随分とこの辺りの雰囲気が変わっていたことに、時の流れを感じました。