竹原の古い町並みを歩いている時に、
レトロな風貌の喫茶店の入り口に貼り紙が貼ってあるのが気になって、つい足を止めました。

九月三十日をもちまして、閉店致しました。
五十八年間の、ご愛顧を、感謝申し上げます。
有り難う御座いました。
喫茶プリンス

58年といったら、親子3代で通っていた常連さんがいてもおかしくないくらいの長い年月。

「きっとオーナーも何度か代替わりして、続いてきたお店なんだろうな」
と、数枚シャッターを押してその場を後にしました。

旅から帰ってきてからもなんとなく気になって
ネットで調べてみたら、
どうやらこの喫茶店のマスターは
昨年の9月に90歳になるまで現役で切り盛りしていたという記事をみつけました。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9J3CSPJ9JPITB003.html

好きなことで58年も商売を営み続けてこられたんだ。
なんと素晴らしい!


お店の前の花壇も丁寧に手入れされていたので
きっと今は元気で引退生活を楽しんでおられるのかな。
そうだといいな。

会ったこともない人が営んだ、入ったこともないお店だけれども、
なんだかとても温かい気持ちになりました。