8月最後の日曜日、広島のホテルで目覚めてすぐに見た光景。
ハンガーフックにかけている銀テープは
前日のミスチルのライブの演出で使われたもの。
ライブの興奮が蘇り、幸せな気分で迎えた朝でした。

エディオンスタジアムで彼らのライブを観るのは
2007年、2011年、2015年に続いて4回目。
そしてこの25周年アニバーサリーツアーは
7月はじめの京セラドームに続いて2回目です。
(京セラドームに行った時のことは結局書けずじまい…)

約3時間半に渡る圧巻のライブパフォーマンスを
アリーナBブロック花道近くという良席で堪能!

1996年のアルバム「深海」を引っさげてのツアーから
ずっとライブに誘ってくれる友人のおかげで、
ファンクラブに入っていてもチケットが入手困難な彼らのライブに、
こうして来ることができています。
もう21年も一緒にミスチルのライブに通ってるんだなぁ。
これもある意味すごい!
本当にいつもありがとう。

今回のツアーで特に印象に残っているのは、桜井さんのMCです。


2002年に10周年を迎えた時は、
事務所やレコード会社の話題作りのために“10周年”と言っているだけで、
その時ミスチルの音楽を聴いてくれている人も、
いずれは離れていくのではないかと思っていた。

そして25周年を迎え、離れてしまうと思っていたファンの人たちは
ずっと聴き続け、たくさんの人がライブに足を運んでくれていることを
本当にうれしく、幸せに思っている、と。

それと同時に、
同年代のミュージシャン、友達、近しい仲間が病気になったり亡くなったりして
自分はいつまで楽しく歌っていられるんだろう…と思う機会も増えた。
だからこそMr.Childrenとしていられる時間を愛おしく思い
1日1日、1曲1曲、1つ1つのフレーズを大切に過ごしたいと思っている。


といったような話。

2002年と言ったら、
ミリオンヒットやダブルミリオンヒットを何曲も出し、
1年半の休業を経た後も、
いい曲をたくさん作って精力的にアルバムを編み出し、確固たる地位を築いていた頃。

それなのに
「いつかファンは離れていくかもしれない」
なんて思っていただなんて…。

アーティストというのは
たとえどんな恵まれた状況であったとしても
孤独を抱え、心身を削って
作品を産み出しているのだなと改めて感じました。
それは音楽であれ、アートであれ同じで、
誰でもができる生き方ではないんだなぁ、とも。

また、今回のツアーで感じたことのひとつが
桜井さんがこれまでにも増して歌がうまくなっているということ。
もともと上手いけれど、
さらに安定感が増して、よりいっそう歌に深みが出ていることに驚きました。

気になって調べてみると、
敏腕のトレーナーについてボイストレーニングを受けていて
ツアー中もそのトレーナーさんにずっと帯同してもらっているとのこと。
そのボイストレーナーさんのツイート ↓

「謙虚・素直・ストイック」
どんな道でも一流の人に共通していることのように思います。
私も私なりにそういう姿勢を大事にしていきたいなと、
楽しかったライブを振り返りながら、改めて思いました。
言うは易しで行うは難し、だけれども。

以下、セットリストやライブ中に見て感じたことの備忘録です。


01.CENTER OF UNIVERSE
02.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
03.名もなき詩
04.GIFT
05.Sign
—————-
25周年アニバーサリーということで、
シングルのヒット曲を中心にガンガンきます。


06.ヒカリノアトリエ
—————-
ここからは春のホールツアーをまわったメンバーが花道へ。
友達が取ってくれたチケットがアリーナBブロックの花道の側だったので、
メンバーがすぐ近くに!

07.君がいた夏
—————-
ちょうど空が夕焼けてきた頃。
スクリーンの後ろには入道雲があって
心地よい秋風が吹いてて、この歌にぴったり。
4年前に両親と行った、
この歌のモデルとなった湯野浜の海岸のことを思い出しました。

08.innocent world
—————-
銀テープ第一弾発射!
アリーナ前方席なので、演出の中に入っているかのようでうれしい。

09.Tomorrow never knows
10.Simple
—————-
桜井さん1人で花道でアコースティックで弾き語り。
スクリーンには歌詞が映し出され
桜井さんの「歌ってもいいんだぜ」の声で会場のみんなで口ずさむ。

11.思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
—————-
ドラムのJenが歌う、このライブ唯一の爆笑(?)タイム!
3rdアルバムまではJenも歌っていたけれども、
最近のファンは知らない人も多いのでは?
けれども、初めて聞いた人でも思わず引き込まれ笑ってしまう映像と演出。
最高!

12.365日
—————-
あれだけ笑わせておいて、いきなり真顔でバラード。
この展開、すごい!

13.HANABI
14.1999年、夏、沖縄
—————-
この時、冒頭に書いた話をMCでしてくれました。
そしてこの歌の歌詞
「僕が初めて沖縄に行った時 何となく物悲しく思えたのは
 それがまるで日本の縮図であるかのように
 アメリカに囲まれていたからです」
を広島で聴くと、いろんなことを考えさせられます。

15.足音 ~Be Strong
16.ランニングハイ
17.ニシエヒガシエ
18.ポケットカスタネット
19.himawari
—————-
新曲。
「今一番聞いてほしい曲です」と冒頭にMC。

そして本編ラストスパートで会場の熱気は最高潮に!

20.
21.Printing
22.Dance Dance Dance
23.fanfare
24.エソラ

アンコール
25.overture
26.蘇生
27.終わりなき旅

ミスチルと自分の25年の歴史を重ね合わせつつ、
いろんなことを思い出したり、感じさせてくれた素晴らしいステージでした。