3年前にシンガポールに行って、
英語が全然しゃべれなかったのが、
英会話の勉強を始めたきっかけでした。
http://www.pecograph.com/note/?p=851

帰国してすぐから独学で音読したり、ラジオ聞いたりして基礎力をつけ、
その1年後からレアジョブでオンライン英会話を始め、
まもなく2年が経とうとしています。

おかげで “英語で話すこと”への抵抗感はなくなり、
オンラインレッスンでも先生と会話が弾むことも増え、
11月に行ったマレーシアでも
特に英語で困るような場面に出くわすことはありませんでした。

けれども、
“雰囲気イングリッシュ”でノリと勢いだけでこなしてしまって、
使ってる表現も語句もワンパターン。
そして、深い話をしたくても
うまく言葉にできないもどかしさを感じることが多くなってきました。

この状況がしばらく続いているので
なんとか打開策はないかと調べていたら、
このような記事をみつけました。


TOEIC高得点へ7つの壁
http://college.nikkei.co.jp/article/42700411.html
TOEIC600点〈リスニングの壁〉
TOEIC730点〈スピーキングの壁〉という話。


なんとなく今の自分の英語力は
TOEICでいうと600点前後だと感じていたので、
“聞き取ることはできるけど、思うようにしゃべれない”
今の状況が如実に表れていて、ストンと腑に落ちました。

「TOEICを受けるタイミングが来たのかな」と。

TOEICでハイスコアを取ることが最終目的ではないけれど、
英語をコミュニケーションの道具として使いこなすスキルを習得するために
TOEICのスコアを目標にして勉強していくことが
一番効率的なのではないか、と思うように。

ということで、善は急げ!

TOEIC模試問題集を購入し、
早速このお正月休みに、
本番と同じ2時間かけて解いてみました。
生まれて初めてのTOEIC模試。

そして出たスコアが
リスニングパート385点、リーディングパート280点、合計665点という結果。

リスニング力はそこそこついていたけれど、
リーディングがメタメタ…。
というか、時間内に解ききれなかった問題が10数問もある状態。
ちょっとショックでした。。

ちなみにこのレベルの英語力でできることは、以下の通りだそう。
——-
“自分宛の簡単な仕事関連のメモであれば理解することができます。
また、海外旅行先でも、道を尋ねる際に、相手にゆっくりと話してもらうことで目的地までの道のりを理解することや、買い物、食べ物のオーダーもできるレベルでしょう。”
http://www.langland.co.jp/toeic/column/toeic-column05.php

図星だ!
英語力を測るための物差しとしてのTOEICの精度は、さすが!

ということで、この秋にTOEIC初受験を目指してがんばってみようと思います。

目標スコアは730点。

初受験にしてはかなり高めの目標だけど、
ちょっと背伸びしてチャレンジした方が
英語でのコミュニケーションスキルも伸びると思うので。

このスコアを達成するためには600時間の勉強時間が必要とのこと。
10月末に受験をするとしたらあと約300日。
1日2時間…!!
すでに尻込みしてしまいそうだけど、
自分に言い訳しないよう
ここで公言することで自分を追い込んで、
できることをやっていこうと思います。
I can do it!

 

たくさんある模試問題集から
レビューで良さそうだったこちらを選びました

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問
ヒロ 前田 テッド 寺倉 ロス・タロック
アルク (2017-07-21)