プレミアムモルツの商品名に“the”がついていることなんて
これまで意識したことがありませんでした。

アメリカ出身のネイティブの方に、
冠詞の発音の仕方について驚くことを教えてもらったのでメモ。

“an apple” “an orange”と“a desk” “a chair”というように、
母音がつく単語の前には“an”を、そうでない場合は“a”をつけることは
明確に区別しているけれど、
“the apple”は別に「ザ・アップル」と発音してもまったく問題ないのだとか。

“the”の発音に関しては
ネイティブは意識して使い分けてるのではなく、
読みやすいように読むとザ(ðə)になったりジ(ði)になったりしてるだけなんだとか。

名詞や形容詞を強調して伝えたい時は
“ジ(ði)”と発音することもあるそうです。

この動画の説明がとっても分かりやすかったです。

母音の前に来たtheはジ(ði)と発音する、と
学校教育で叩き込まれたのはなんだったんだろう??
こういった些細なことが気になって、
英語を話せなくなってしまう日本人はとても多いような気がします。

でも、冠詞が英語の中でとても重要な役割を果たしていることも、
英語を勉強をすればするほど、強く感じてます。

例えば、冠詞の使い方ひとつで、文の意味合いがこんなにも変わってくるそう。
https://www.juku.st/info/entry/967

1 Tom has a cat.
トムは猫を飼っている。

2 Tom has the cat.
トムはその猫を持っている。

3 Tom has cat.
トムは猫肉を持っている。

4 Tom has cat food.
トムは猫の餌を持っている。

小さくても、ピリリと効くスパイスのよう!?
もうちょっと意識して冠詞を使い分けれるようにならねば、と思いました。