図書館でふだんあまり立ち寄らない棚の前を通った時に
ふと、おもしろそうな本をみつけました。

「くらべる時代 昭和と平成」
おかべたかし・文 /  山出高士・写真
https://amzn.to/2Imy83f

オムライス、日傘、教科書など
昭和の時代に使われていたものと平成の時代になって使われているもの
それぞれの写真を見開き2ページに並べ、
続く2ページでそれらにまつわるエピソードを綴るという構成で、
34組の身近なものが昭和と平成という時代の変化で
どのように変わったかが紹介されています。

いちばん驚いたのが横断歩道の形。
ずっと縦線と横線で描かれた“はしご型”と思い込んでいたけれど、
最近の横断歩道は横線のみだということ。

縦線と横線で囲まれた部分に水が溜まって
スリップの原因となってしまうという理由から
平成の初め頃から徐々にはしご型の横断歩道はなくなっていったのだそう。

確かに近所の横断歩道を見てみると、縦線がない!
毎日横断歩道を見ているのに、まったく気づいていませんでした。
こうやって先入観で認識してしまっているモノゴトって
たくさんあるのだろうなと、ドキッとしました。

とりわけ懐かしく感じ、心あたたまるエピソードが印象的だったのが、
個性的な形をしたコンクリート製の滑り台の話。

昭和30年〜40年代はまだ遊具専門の業者が少なくて、
公園の施工を請け負った地元の業者が子どもたちを喜ばそうと
あれこれ知恵を絞ってユニークな形を作っていたのではないかと、著者は想像しています。
おじさんたちが ああでもないこうでもないと考えている姿を思うと、
ふっと口元が緩みます。

確かに、自分が子どもの頃はいろんな形の滑り台がありました。
私がよく行ってた公園の滑り台の下に砂場があって、
その砂に犬の糞が時折混じっていたのも
もしかすると昭和時代ならではのエピソードなのかも。

平成の寿司は昭和の寿司に比べ、シャリが小さくなってネタ数が増えているのだそう。
こんな風に桶に入ったお寿司ももう長らく見ていないなぁ。

物流の変化に伴って、贈答品のフルーツが籠盛りから箱詰めにかわり、
今ではこの籠をつくる職人が減少し、籠の値段が高騰しているのだとか。

「ああ、昔はそうだったな」と
懐かしく昭和を振り返りつつも、
いわゆる“平成っぽい“と感じるものって、
2000年代以降に作られたものが多いということにも気づきました。

今では「昭和な」という言葉は、
「懐かしい」とか、「レトロな」という意味合いで使われることが多いけれど、
昭和の空気と平成の空気がゆるく入り混じった平成ひと桁時代(1990年代)を経て、
次第にそういった意味合いが醸成されていったのかな、とも思いました。

来年の今頃はもう違う元号になっているけれども、
「平成」はどんな印象をもった言葉として、近い将来に使われるんだろう。

小さなサイズでパラパラと読みやすく、
まもなく終わろうとしている平成という時代の流れを振り返ることができ、
平成最後の夏にとても楽しめる一冊でした。