プラスチックのチープな筐体についた4つのレンズ。
紐を引っ張ってシャッターを切ると
フィルムのヒトコマに4等分された絵が焼きつく
「LOMOスーパーサンプラー」。
http://www.shift.jp.org/ja/archives/2001/11/supersampler.html

小さくて軽くて鞄に入れていても荷物にならないので
どこに行くにも持ち歩いていた時期がありました。

実際に目にした風景と
フィルムに焼きついた景色の違いがとにかく新鮮で、
シャッターを押すことが
ただただ無邪気に楽しかった頃。

思えばあの頃はお給料のほとんどを
フィルム代と現像代に費やしていたなぁ。