週末、スペイン人とポーランド人の写真家さんとご一緒させていただく機会に恵まれた。
2人ともとても聞き取りやすい英語を話すので、
それぞれの作品についての30分ずつのプレゼンテーションは、ほぼ聞き取ることができた。

この1年間、音読や瞬間英作文、ラジオのリスニング、単語の勉強など
わずかな時間だけれどもほぼ毎日続けてきた効果がちょっと感じられてうれしかった。

が!
その後の交流会では、お話ししたいことはたくさんあるのに
英語がちっとも出てこない…。
もどかしい。

聞き取ることができるのに話せないのは
圧倒的にアウトプットの機会が少ないから。
とにかく悔しい。

この悔しさが冷めぬよう、鉄は熱いうちに打っておけ!ということで
以前から気になりつつ重い腰をあげることができなかった
レアジョブ」の無料カウンセリングを申し込んでみた。
もちろん日本語の、ね。

レアジョブのwebサイトで名前や生年月日、SkypeIDなどを登録した後、
カウンセリングの希望時間を申し込むだけ。
そうすると、予約していた時間にスカイプにコールがかかってくるらしい。

レアジョブについて詳しくはこちら ↓

14時。
予定時間ぴったりに、スカイプが鳴った。
とってもハキハキした明るい声の女性。

カウンセリングの時間は15分と制限があったので、
日本語といえども聞きたいことがきちんと話せるか不安だったけれども
テキパキとした受け答えで、10分ほどで疑問な点は解決。

そして明日早速体験レッスンを受けることになった。
カウンセリングの時には体験レッスンまでに準備しておくといいことなども丁寧に教えてくれた。

外国人講師とマンツーマンで25分も英語で会話が持つのかどうか不安はあるけれど、
できるだけ準備して、明日は新しいことに挑んでみよう。

現在の状況をお伝えしてカウンセラーの方がおっしゃったのは
「LEVEL5(High-Beginner〜身近なトピックで会話することができるレベル)くらいでは」とのことだったけど、
うーん…きっともっと低いレベルのような気がする。

明日はドキドキ。
どんな結果も受け止めて、そしてちょっとでも英語力をブラッシュアップしよう。

また状況報告します。

冒頭の写真はシンガポールで初めて1人でバスに乗った時に見た風景。
バスターミナルのおじさんに友達のコンドミニアムに帰るためのバスを教えてもらった。
片言だけど通じて、とてもうれしかった。
言われたバスに乗ってからは、降りる場所を見過ごさないように、必死で外の景色を眺めていた。

無事友達の家に着いて、建物の間から見えた夕焼けは不思議な色だった。

夕焼け