師走。
この文字面を見ただけで、なんだか気持ちが焦ります。

大掃除に先駆けて、仕事部屋の書類を整理して
もういらなくなったものをシュレッダーにかけていきました。

手に取った書類を改まって見返すと、
今年もいろんな仕事に携わらせてもらったなぁと、
たくさんの人の顔が脳裏に浮かび、感謝の気持ちが沸いてきます。

それと同時に、
今のままではいけないな、とも。

いつも時間に追われていること
自分の力不足、
それが故になんとなく感じている違和感etc…。

本当はもっとちゃんと向き合って考えないといけないことから
忙しさを理由に目をそらし、
日々どうにかやり過ごしている状態だということを
まざまざと突きつけられた気もします。

重苦しい気分で、切り刻まれた紙屑を片付けていると
「スマイル」発見。
気持ちが和みました。

焦ってもいいことはないはず。

整理したことでできた
書棚や机の上の余白スペースのように、
とっちらかった頭の中も、ちょっとずつ整理して
考える余白をきちんと作っていこう。