オンライン英会話のレッスンも1/2からスタート。
そしてこの時期よく聞かれるのが、お正月の過ごし方や料理についてです。

レアジョブをはじめて3回目のお正月。
これまでよりちょっとはマシな説明ができるよう、
まずは「お雑煮」について英作文をしてみました。

お雑煮は地域によって違いがあるということ。
関西風のお雑煮は白味噌に丸餅で、
京都から発祥して周辺の地域へ広まっていき、徳島も関西風のお雑煮を食べるということ。
お隣の香川県は餡子のお餅を入れるということ。

一方で関東風のお雑煮は醤油で味付けしたすまし汁に焼いた角餅を入れるということ。
私は一度も関東風のお雑煮を食べたことがないことや、
母の作ったお雑煮がやはり一番好きであることなどを書いてみました。

先生に添削してもらって、すっきりとまとまりました。
あとはこれを何度も音読して、
また次に聞かれたときにはスラスラと説明ができるよう、練習します。

英語で文を書くのはまだまだ時間がかかるけど、
今年はもう少し英作文する時間を持ちたいと思ってます。


Ozoni is a special soup served on New Year’s Day in Japan.
But each region in Japan has different version of this traditional soup as well as the shape of mochi used in it.

The traditional Kansai-style ozoni uses white miso and dashi as a soup base.
It typically contains root vegetables such as daikon radish, taro, carrots, and boiled round mochi rice cakes.

People believe that the origin of this style began in Kyoto, which used to be the capital of Japan.
This method of preparation gradually spread throughout the surrounding region.

In my region Tokushima,we eat Kansai-style ozoni.
In neighboring prefecture Kagawa, mochi with Red Bean Paste is put into a soup made of white miso and filled with vegetables.
My friends who live in Kagawa love this type of “ozoni”,but I don’t really like it because it tastes so sweet for me.

The Kanto region’s Ozoni features a grilled square mochi in a clear broth.
People uses soy sauce as their soup base, resulting in a different appearance as well as flavor.
I’ve never eaten Kanto-style ozoni.

So in this way,Ozoni differs among regions and even families.
I love my mom’s Ozoni the best!