「ヤバイ!」

昨日の朝、喉の奥にほんの少し違和感を感じました。
間違いなく、風邪の初期症状。
今ここで風邪をひいては困るので、
これは早い段階で対処を打たなければ。

昨夜はいつもより早めに仕事を切り上げ、
お風呂で温まって、湯たんぽであたためたベッドですぐに寝て養生に努めました。
けれども、今朝起きるとうっすらと鼻水が…。
さらなる対策が必要です。

お腹、腰、肩、足首。
体を温めるツボがあるといわれるあちこちに
カイロを貼って体を暖める作戦に打って出ました。
足元はいつも愛用の湯たんぽブーツを履き、
腰には電気毛布を巻きつけて、完全武装。

すると、ものの数十分もすると
スーッと鼻水の症状がなくなったのです。

特に効果があったと思うのが、
「風門」と呼ばれる肩甲骨の間にあるツボをあたためたこと。
→ツボの位置はこの辺

腰やお腹にカイロを貼ることはよくあるけれども
自分ではちょっと貼りにくい「風門」の位置に貼ったのは今回がはじめて。

東洋医学では
ここから風の邪気が入ることで「風邪」をひくと考えられているそう。
まさに読んで字のごとく、「風(邪)の門」。

以前、警視庁の災害対策課もこんなツイートをしていたそうです。

いやはや、絶大な効果にびっくりです。

今年は例年になく風邪やインフルエンザが流行っているようだけれども、
ゾクゾクっとした時に「カイロ作戦」、すごくおすすめです!

あと、最近知り合いの美容家の方に聞いたのが
足首の内側に貼ると、むくみがとれて足首がすっきりするのだとか。
こちらも試してみたいと思います。

コストパフォーマンスもよくて何かと万能なカイロ、
寒い季節に上手につきあっていきたいです。