この週末は大学入試センター試験。
私が受験生だった頃からあったセンター試験も来年で終わり、
再来年からは新形式のテストになるそう。

自分たちのちょっと上の世代が“共通一次世代”だったので
「共通一次試験を受けた」という話を聞くと
当時はずいぶん古い世代のように感じていたけれども、
今年や来年の受験生もそんな感じになるのかな。
平成が終わるとともに、日本の教育も大きな転換期を迎えているのかもしれません。

ところで!
ニュースで「英語のリスニング問題1問目がゆるい!」と話題になっていたので、
せっかくなので解いてみました。
朝日新聞のwebサイトに問題がすべて載ってて
音声もYouTubeに上がっていました。

「ゆるい!」と噂のイラストもこちらから見ることができます 笑。
http://www.asahi.com/edu/center-exam/shiken2019/mondai01day/listening.html
ちなみに、ゆるキャラ問題の会話はこんな感じ。



A:新しい漫画のキャラクターを作らないといけないね
B:野菜はどうかな?
A:インパクトが欲しいから空を飛ぶ羽をつけたらどうだろう?
B:いいね!


なんだか、ほのぼの。

解いてみた結果は、2問間違いで50点満点中46点。
TOEICと違って音声を2回繰り返してくれるし、
読むスピードもゆっくり目なので易しく感じました。

けれども、私の受験時代にはこんなリスニング問題はなかったはず。
授業でリスニングの練習をした記憶もほとんどないし。

今の若い世代…特に都会に行くと、
日常会話程度の英語が話せる人が多い印象を受けるんだけれども、
学校の英語教育もずいぶんと変わってきているからなのかもしれないな。

自分が受験生の時は英語は1限目でガチガチに緊張していたけれども、
今日はゲーム感覚で楽しんで解くことができました。

センター試験の思い出
http://www.pecograph.com/note/?p=183