ゴールデンウィークの後半は、2泊3日で富山を旅してきました。

かつて大学時代の友人が富山に数年住んでいて
「朝起きてカーテンを開けると、立山連峰が目の前に見えてものすごく綺麗!」
という話をよく聞いていました。

それだけではなく、
「何を食べても飲んでも美味しい」とも。

とにかく、ものすごく興味を惹かれる土地。
いつか訪れたいと思いつつも、
長らくその機会を得ることができずにいました。

ゴールデンウィークの仕事の予定も
なかなかはっきり決まらなかったものの
数ヶ月前から宿だけは押さえていました。

そして、
なんとか3日間休みを取ることができる目処が立ったので
数週間前に思い立って、パパッとJRの切符を手配し、いざ富山へ。

滞在中はお天気も出会う人に恵まれ、とても良き旅となりました。

写真のように、なんてことない道から
壮大な立山連峰が見える風景の数々が、心に残っています。

とにかく今、ものすごく「富山ロス」です。

たくさん撮った写真も少しずつ整理して、
旅の思い出を反芻しながら、ここでも綴っていけたらと思ってます。