ガラス美術館を後に、ほど近くにあるアーケード街をぶらり。
ガラス屋根の広場がなにやら楽しそうな雰囲気で賑わっていたので、
立ち寄ってみました。
「BOOKDAYとやま」というイベントのよう。
https://bookdaytoyama.net/

富山県内や近県の古書店やレコード店が軒を連ねていました。
それぞれのお店の個性が滲み出るセレクトの本や音源が多く、見ていて楽しかったです。
ガラス美術館で菊地成孔さんのトークイベントが開催されていたのも、どうやらこのイベントの一環だったみたい。

アーケード内に若い人の姿をたくさん見かけると、その街にとても活気があるように感じます。
(翌日この近くで晩ごはんを頂いたお店の人は「いつもは静かなんです」とは言っていたけれども…)

ここから少し歩いたエリアには民藝の「林ショップ」など、個性的なお店がちらほらと。
写真はさっきBOOKDAYの会場で珈琲を入れてもらったSIX OR THIRD COFFEE STAND。
その隣の古書店も手頃な値段でユニークな本が並んだ本棚が魅力的でした。
こういったお店やそれを切り盛りする店主たちが
街の表情を豊かにしているのだなと、思いました。