日も傾きかけてきた頃、
富山城址公園の近くからバスに乗って、
富山駅の北側に位置する富岩運河環水公園へ。

日本海に面する富山港は、北前船の寄港地として古くから栄えていました。
けれども港から町の中心までは距離があるため物流にとっては不便でした。
昭和初期、富山港と富山駅を結ぶために作られたのが「富岩運河」。
そして、その運河を利用して開発されたのがこの富岩運河環水公園です。

公園内には富山県立美術館や、
世界一美しい景観と認定されたスターバックスなどもあり、
観光客だけでなく、デートを楽しむカップルや
ウォーキングやランニングをする地元の人々の姿もたくさん見かけました。

私が一番楽しみにしていたのが、ここから見える立山連峰の景色。
…なのだけれども、
この日は晴れて入るけれどもガスがかかっていて、まったく山が見えませんでした。

写真中央に見えるのが「世界一のスターバックス」、
そしてこの奥に立山連峰がそびえ立っているはずなんだけれども、
その存在すら感じることができず。
哀しい。。

条件が揃うとこんな風に見えるそうです。
滞在中、もう一度リベンジにこようと決意しました。

立山連峰が見えないのは残念だけれども、
運河から吹く風がとても気持ちいい。
イタリアのフィレンツェとかヴェローナとかローマとか、
ヨーロッパの川のある街を旅していた時のことを思い出しました。

そしてたった半日散策しただけなのに、
この街のことをとても好きになっていることに気づきました。