トラムとバスと徒歩で探索した富山の旅の1日目。
市内中心部のいたるところでレンタサイクルのポートを見かけました。
泊まっていたホテルの目の前にもサイクルステーションがあったので
2日目は、このレンタサイクルを使ってみることにしました。

が…
このサービス、とにかく不案内!!
借りる時から、借り終えた後までイライラさせられっぱなしでした。

まず、借りるために必要な情報がわかりにくい。
サイクルステーションに案内板のようなものはあるものの
「詳しくはwebで」と書かれているだけで、
その肝心のwebサイトがものすごくわかりにくい!!!
http://www.cyclocity.jp/

そもそも、どのような料金体系になっているのかもわかりづらい。
駅で見かけたリーフレットには
“1日350円”と書かれていたのにも関わらず、
サイトには「7日パス・2日パス」の情報しか載っていない。
仕方がないので「2日パス500円」をクレジットカード決済しました。

そして、会員登録をしないといけないのだけれども、
会員登録の画面も使い勝手が至極使いづらい…!
かなりいろんなwebサービスを使い倒している私でさえ難儀するフォームの作りで、
登録し終わるまでにかなりの時間を要しました。
旅人にとって時間は何よりも貴重だというのに。

次に、驚いたのは、
もっとも観光客の利用が増える日曜祝日にサービスセンターが休んでいるということ。
サイクルステーションに停めた自転車を取り出そうとしても
タッチパネルがフリーズして動かないできごとがありました。
そこで、自転車に書かれた電話番号に電話すると「本日は休業日です」とのアナウンスが。

…おいおい!!!
いろんなことが不案内な上に、
サポートが必要な肝心な時に電話がつながらないなんて…。

そしてさらに驚いたのが、
旅から帰ってびっくりする金額の利用料の請求がメールで届いたのです。

利用日1日目—6,200円
利用日2日目—1,200円
——————————-
合計7,400円

???
慌ててメールに記載されたサポートセンターに電話をしました。

すると、
「2日500円」というのは、2日間乗り放題というのではなく、
1回あたり30分未満の利用は無料で、
30分を超えると
31分から60分ごとに200円、
61分から30分ごとに500円の利用料が掛るとのこと。

そんなのwebサイトのどこに書いてた!?って感じ。
そんな大事な情報ならもっとわかりやすく書かないとダメでしょうと
半ばキレ気味にサポートセンターの人に伝えると
「今回に限り利用料は免除するので、次回以降気をつけてください」と。

いやいや…。

ちなみに駅のリーフレットでみかけた “1日350円”というのは、
提携施設でカードを買うことで利用できるのだそう。

あとから調べてみると、
オフィシャルサイトより、他の人が作ったサイトの方がよっぽど説明がわかりやすい。
https://toyamatome.com/cyclocity/

この自転車があったおかげで、出会えた風景もたくさんあるので、
もちろんとても感謝はしています。

そして、最初に利用方法さえきちんと理解していたら
とても便利なサービスだと思います。

街中で自転車に載って信号待ちをしていると、
何人かの方に「この自転車ってどうやって借りるの?」と尋ねられました。
それだけ興味を持っている人はいるのに、
利用方法の案内がわかりづらいということだと思います。

オフィシャルサイトの整備や、サポートセンターの営業時間など、
もう少し改善されて、より多くの人に開かれたサービスになるといいのにと、思います。

富山の旅で、唯一腹立たしい思いをしたできごとでした。