水墨美術館を堪能した後、
神通川の土手の下にある評判のお蕎麦屋さんへ向かいました。
開店予定時刻の5分後に訪れたのにも関わらず、店の前にはすでに行列が…。

どうやら名簿に名前を書いて順番待ちをすることになっていて、
この様子だと1時間ほどの待ち時間になるとのこと。
この時間がもったいないので、自転車で前日歩いた街中を探索することにしました。

富山駅から南へ伸びる路面電車のある道沿いを走っていると、
大きな噴水が目に飛び込んできました。
富山県庁前公園。

こんな立派な噴水を街中で見たのは久しぶりのような気がします。
公園内には花時計もあって、ほどよく木陰もあって、
ベンチで腰掛けて休憩している人が気持ち良さそうでした。

こじんまりと、魅力的な公園だと思いました。