美味しんぼ 84巻」は富山編。
山岡士郎率いる「究極のメニュー」と海原雄山率いる「至高のメニュー」が
富山を舞台に戦いの火花を散らします。

ツタヤで漫画レンタルのキャンペーンをやっていたので、
借りてきて読んでみました。

富山の海の幸が豊富な理由は、
急峻な富山湾の地形的特徴にあるということ。
持ち家率や世帯収入が高く、暮らしに充足感を感じているから
外に向けての発信が熱心でないこと。
古くから富山の人々の暮らしに根付く立山信仰や浄土真宗への強い信仰心が
県民の意志の強さや伝統を守り続ける律儀さを育んでいるといったこと。

単なる富山のグルメ情報としてではなく、
地形や風習、そしてそこから育まれる県民性にまで言及されていて、
とても興味深く読むことができました。

この巻に寺島酒店の寺島さんが登場しているのです。
海原雄山チーム側で富山県の”水”について語っておられます。

「美味しんぼ」の原作者 花咲アキラ氏は富山県出身。
そんなご縁もあって、寺島さんは富山編の取材の案内役も務めたそうです。

そんな博識な寺島さんによる、贅沢な富山案内はまだまだ続きます。

 

寺島酒店
http://www.pecograph.com/note/?p=9314

寺島さんの富山案内
http://www.pecograph.com/note/?p=9341