寺島酒店の寺島さんの富山案内も終盤。
立山が源流となる常願寺川沿いの道を下り、市街地へと戻ります。

途中、道沿いに見えた丸いコンクリートの建物は
小水力発電所であると教えてくれました。

険しい地形と豊かな水量を持つ富山県では小水力発電が盛んで、
あちこちにこうした小水力発電所があるそう。
そこで発電した電力を売電することで、
農業用水の維持管理費をまかなっていると聞きました。

少子高齢化が進んで人口が減り税収が減ると、
公共施設の維持管理費をどうするのかという問題は、
これから各地で頻出してくると思います。
こうやって資源を活かして自分たちの大切な農業用水の維持費を捻出しているのは、
なんて合理的で先進的なのだろうと思いました。

きっとこの建物は、
知らなかったら気づくこともなく、素通りしてしまっていたでしょう。

旅の良き先達がいると、
旅先で見える風景の解像度ぐっと上がります。

そうして旅先で見たこと、感じたことで
ほんの少し視野や興味が広がって、日々の暮らしも豊かにしてくれます。
だから私は旅が好きなのだと思います。

寺島さん、素晴らしい富山案内をありがとうございました!

寺島酒店
http://www.pecograph.com/note/?p=9314
寺島さんの富山案内
http://www.pecograph.com/note/?p=9341
富山の原風景「屋敷林」
http://www.pecograph.com/note/?p=9351
美味しんぼ84巻日本全国味めぐり 富山編
http://www.pecograph.com/note/?p=9387
天井川と治水の歴史
http://www.pecograph.com/note/?p=9403
北アルプスの天然水
http://www.pecograph.com/note/?p=9429
風土を感じる風景
http://www.pecograph.com/note/?p=9456
立山信仰の里へ
http://www.pecograph.com/note/?p=9448