あぁ…
どうして7月末に受検することにしたんだろう。

そんな愚痴も言いたくなる7月の3連休。
どこかに遊びに行きたくなる気持ちをグッと抑えて、
今月末に迫った2回目の受検となるTOEIC試験の対策にいそしんでいます。

とはいえ、ちょっと気持ちが負のスパイラルに入ってます。

勉強すればするほど自分のできないことに目がいく

試験が目前に迫ってるので焦る

焦ることで集中力が落ちる

模試で思ったようにスコアが伸びず凹む
…といった感じ。

そんな状況を打開するのにいい知恵はないかと
英語学習について書かれたいろんな記事を読みあさっていた時に
興味深い記事に出会いました。

日本人の英語学習者がたどる道

「初心者の森」「中級者の丘」「上級者の谷」。
英語学習者がそれぞれの段階で、
どのような状況に陥り、悩んでいるのかを見事に言い当ています。

以下、引用させていただきながら、自分の状況を振り返ってみます。


初心者の森
英語を学ぶ意志はあるものの何をしてよいか分からず、お金と時間だけ消費して英語力は伸びず、ひたすら森の中をさまよう事になります。


この森はもう抜け出ることはできました。


中級者の丘
おそらく英語を勉強していて一番楽しいエリアです。
最初にこの中級者の丘に辿り着いた時は、楽しくて仕方ありません。
何故なら夢にまでみたネイティブとの会話がそれなりにこなせるようになったのですから。
ネイティブの話している内容も分かりますし、こちらの言っている事も分かってくれます。
だからネイティブと会話していても楽しいです。


数ヶ月前まではそうでした!

ところがこのエリアには大きな問題が潜んでいます。
一見、緑の丘が続く気持ちのよいエリアなのですが、その丘が果てしなく続くのです。
つまり、いくら勉強しても、自分が上達している実感がしないのです。
高みを目指して丘を登っても次は下り坂が続き、また上り坂になってもしばらくするとまた下り坂に変わります。
幾つも幾つも丘を越え、それでも次の丘が見えるだけという状況が延々と続くのです。


今まさにココ!!
早くこの「丘」を抜け出したい!!


上級者の谷
中級者の丘は、アップダウンが激しく自分が成長しているかが分からず悩むのですが、上級者の谷ではいくら谷をわたってもネイティブの世界に辿りつけないことに悩みます。


そして中級者の丘をようやく抜け出しても、次にくるのは深い谷..!!
OMG!!!!


語学を習得するというのはたやすいことではないのだということを、改めて痛感。
だったらやっぱりその「過程」を楽しまないと、ですね。

“LIFE IS A JOURNEY, NOT A DESTINATION.”
英語学習の旅を自分らしく楽しんでいきたいと思っています

http://www.pecograph.com/note/?p=6649

1年前の私はいいことを言ってます..笑。

この時は本当に英語が楽しくて仕方がなかったことも思い出しました。
そして、今ちょっとつらい気持ちになってるのも
それはそれで成長の証なんだろうなと。

英語学習の記録をつけておくと、昔の自分に励まされることもよくあるので、
今こうしてツラツラ書いていることも、きっと無駄ではないはず。

数値として評価がくだされる試験を受けるのは
それなりにプレッシャーにもなるし、逃げたくもなります。

でも、やっぱり私はいつか絶対に
英語を自分のコミュニケーションの道具として使いたいという気持ちが強くあります。

思うように勉強する時間が取れないことにもイライラしてしまいがちだけど、
結局は今できることを粛々とやるしかないんだな。

気持ちが焦ると、モヤモヤ劣等感に苛まれてしまいがちだけど、
そんな感情も素直に認め抱きつつも、
さ!
今夜も勉強します。