朝の運河沿いサイクリングを終え、
珈琲を飲める店を探して、ウロウロ。
せっかくなのでドトールとかスタバなどではなく、
地元の喫茶店で、と探してはみるものの、
8時過ぎに開いてるお店がなかなかみつかりません。

そういえば、
ガラス美術館の前に喫茶店が1軒あったことを思い出し、
街の中心部へとペダルを漕ぎました。

純喫茶ツタヤ。
http://www.tsutaya-coffee.com/
朝早い時間でも開いてました。
そしてどうやら大正時代から続く老舗の喫茶店のようです。
こじんまりとして、落ち着いています。
良いお店をみつけれて、うれしい。

ガラス美術館に面したカウンター席で、
地元の新聞を読みながらいただく一杯。
この時初めて「令和元年」という活字を目にしたように思います。