朝、仕事の待ち合わせ場所へ向かうため車を走らせていたら、
徳島城址公園のお堀端には炎天下にも関わらず長蛇の列ができていました。

毎年阿波踊り開幕の前日に、鷲の門広場で開催される大塚製薬主催のフリーライブ、
「阿波踊りサウンドフェスティバル」の今年の出演アーティストがDA PUMP。
その会場入り待ちをする人たちの行列でした。

確か、開場は18時。
毎年このフリーライブの日にはこの近くを通ってはいるけれども、
こんなに朝早くから人が並んでいるのを見たのは初めてです。
暑い中、おつかれさまです…。

夕方、部屋で仕事をしていると、公園の方からライブの音が漏れ聞こえてきました。
今日やるべき仕事も終わってないけれど、どうしても気になって仕方がありません。
なので、ウォーキングも兼ねて様子を見に行ってきました。

会場近くは想像をはるかに超える、人の多さ!!
鷲の門広場はもちろん満杯、
さらに公園の外の歩道や立体交差、文化センター跡地にまでぎっしりの人、人、人。

彼らのパフォーマンスを生で見るのは初めてだったけれども、
ISSAがめちゃくちゃ歌がうまくて、
会場の外からでもしっかり堪能できます。
踊りながら歌ってるのに、すごい声量。

途中、ばったり会った友達とも合流して、
DA PUMPの立つ舞台の周りをぐるっと一周ウォーキングしながらのライブ鑑賞。


旧文化センター跡の歩道橋から。
ここも来年には新しいホールの建設がはじまってるだろうから、
こんな風に見ることができるのは今年が最初で最後のはず。

アンコールのU.S.A.の頃には、
さらに人だかりも増え最高潮に盛り上がっていました。
私が見たのは会場の外からの風景だけど、
老若男女いろんな人がいて、
踊ってたり口ずさんだりしていて、それぞれみんな楽しそうな姿が印象的でした。

月並みな言葉だけれども、
こういった国民的なヒット曲って、
たくさんの人の中にその音があるだけで、明るい気持ちになっていいものだと思いました。

私も彼らの音楽のおかげで
この夏、ようやく夏らしい開放的な気分を味わうことができたような気がします。

さて、明日から徳島市内では阿波踊りが4日間開幕です。
短い夏を、できるだけ目一杯楽しみたいです。