茫然自失
あっけにとられたり、あきれ果てたりして、我を忘れること。
気が抜けてぼんやりとしてしまうこと。
(三省堂 新明解四字熟語辞典より)


本日正午にオンラインで発表となったTOEICの結果を見た瞬間、
私はまさにこの状態でした。

リスニング 365点
リーディング 385点
—————–
合計 750点

900点という目標スコアには程遠い結果。

仕事の合間をぬって、
出来る限りを尽くして自分なりにはがんばったと思うのに、
前回のスコアと比べて5点しかupしていない。
しかもリスニングのスコアが前回より下がってる…。

数字を現実として受け止めようとすればするほど、
悔しい感情がじわじわと湧き出てきます。
せめて800点は超してて欲しかった…涙。

あーーーー
ものすごく悔しいーーーー!!!

結果は結果として、
何が原因かをしっかり考えなくては。
特にリスニングは”わかったつもり”になってるのが怖いので、
もう一度初心に帰って基礎固めをしっかりしていこうと思いました。

本音を言えば
サッサと900点とって、
早くTOEICから卒業したいと思ってます。
そして、TOEIC対策をしっかりすれば、
それはそんなに難しいことではないと思っていました。

でも、そんなに甘くはなかった…!
欲しいのはスコアではなく、スコアに見合った実力です。
まだわずか2回目の受験だし、焦らず着実に実力をつけていこう。

とはいえ、
10月半ばくらいまではしばらくTOEIC対策はほどほどのアイドリング状態にして、
会話やディスカッション力強化を優先しようと思ってます。

そしてまた12月あたりに受験することを念頭に、
TOEIC対策をしていこうかなと。

語学習得は本当に長い旅のようなもの。
楽しみながら力をつけ、
結果スコアが伸びるようなイメージを大切に。

とはいえ、やっぱりこのスコアはとても悔しい…!

でも、
仕事以外でも
こうやって感情むき出しにできるくらい
がんばったことに対しては自分を褒めてあげつつげ、
それをきちんと次の結果につなげていきたいと思います。