Pecograph

a day in my life

Menu Close

Page 2 of 54

八角形の窓

徳島城址公園のお堀から見える、八角形の窓が並んだの検察庁の建物。
老朽化に伴い建替が決まって、少しずつその準備が進められています。

この一本向こうにある国道バイパスで信号待ちをしている時、
ボーッとこの建物を眺めるのが好きです。

とても堅い仕事が営まれている場所なのに、
この八角形の窓があるお陰でチャーミングに見えるなぁ、と。

誰が設計したのか知りたくて、これまでに何度かネット調べてみたけれど分からず。
この八角形の窓枠を納めるため、施工も大変だっただろうな。

私の母がこの向かいにある高校に通っていた時、
検察庁から手縄をかけられ近くの裁判所へと出頭させられている人の姿を何度か見かけたことがあるのだとか。
個人情報の保護なんて概念すら、まだまだなかった時代の話。

数年後にはこのお堀から見える風景も、また随分と変わっているのだろうな。

 

A Cherry blossom petal

The petals of cherry blossoms fall like snow.
One of them fell on my windscreen.

Cherry blossoms are short-lived.
So they remind people that life is short and beautiful.

My father pass away in cherry blossom season of 2years ago.
Today,I visited my father’s grave with my mom.
A lot of cherry blossoms bloom in the cemetery park as same as last year.

I remember the beautiful and colorful spring scene console my family in our sorrow.

プチ花見

近所に勤めている友達のお昼休みに
近くのスーパーでお弁当を買って
公園でジャスト1時間だけの、お花見ピクニック。

正午少し前に着いたので、
毎年恒例のお堀沿いの満開の桜の木の下の特等席を確保。
風が吹くと、桜の花びらが舞い散ってきました。

公園は私たちと同じような花見客で賑わっていました。

桜の季節の、この多幸感溢れる雰囲気が大好きです。
短い時間だったけど、今年もこうしてお花見に来れてしあわせです。

in half bloom

2days ago,cherry blossoms of Tokushima Central park are in half blooming.
The peak bloom period is earlier than usual.

I’d like to go on a  Hanami picnic with my friends and enjoy food and sake under the tree.
I hope I have time to space…

How busy the end of fiscal year is!!

2年前

Macのハードディスクがいっぱいになってきたので
デジカメで撮った写真データを少しずつ整理しています。

これはちょうど2年前の3月26日に撮ったもの。
北海道新幹線が開通したというニュースを
父の入院しているホスピスの病室で見ていました。

この頃、
4歳になったばかりの甥っ子のマイブームがプラレール。
北海道新幹線の車両にも夢中だったので
「元気になったら、みんなで乗りに行こうね」
なんて話を、父と母としていました。

楽天的に考えたい私は、
何か奇跡が起きる可能性がゼロではないことを、
この時点でもまだ信じて疑っていませんでした。

でもきっと父は自分の体の状態を
誰よりもよくわかっていたのではないかと、
今になって思います。

余命が月単位から週単位に、
そして日単位から時間単位へと刻一刻と変わっていくなか、
家族で過ごした穏やかな時間を、懐かしく思い出しました。

父は病が分かってからずっと、
家族には“いつも通りの生活をすること”を強く望んでいました。
厳しいくらいに。

2年前の3月や4月のブログを久しぶりに読み返してみて、
私も平常心を保つため必死だったことも、思い出しました。
http://www.pecograph.com/note/?m=201603
http://www.pecograph.com/note/?m=201604

しかし、ブログで振り返ってみてみると
看病しながら仕事もして、
よく英語の勉強も途切れず続けられたなぁ。
そしてブログ書くことも。
もうあの時の感情をあの時と同じように思い返すことはできないので、
書き留めておいてよかったなと、改めて思います。

今、年度末の締め切りで
とにかくバタバタしていて胃が痛く余裕がない毎日なんだけど、
あの頃のことを思い出すと、なんとか乗り切れそうな気もしてきました。
いや、乗り切らないといけないんだけど。

Cherry blossoms have started blooming!

桜の名所でもある近所の公園の桜が咲き始めました。
なんだかソワソワしてしまいます。

レアジョブのレッスンでも、桜のことを聞かれることが多くなりました。

シンガーポールの旅から帰国してすぐにはじめた英語の勉強も、4年目に突入。
もう少し日本の桜についてうまく説明できるようになりたいと思っていた矢先に、
とてもいい動画を発見。
桜が散ってしまうまでに、いくつかマスターしたいと思います。

フレーズmemo
Hanami is a Japanese tradition of welcoming spring.
The literal meaning is “viewing flowers”.

Enjoying cherry blossoms is an old Japanese custom.
Hanami is like a picnic to enjoy the cherry blossoms.
People get together under the cherry blossoms and enjoy food and drinks.
Many people go early in the morning to secure a spot.

Cherry blossoms bloom only bloom for a short time,
usually for only a week or two.
Cherry blossoms remind people that life is short and beautiful.

もっと短くまとめたもの
Hanami is a Japanese tradition of welcoming spring.
People get together under the cherry blossoms and enjoy food and drinks.
Cherry blossoms remind people that life is short and beautiful.

寒の戻り

春分の日。
関東方面では雪が降ったとのニュース。
徳島もどんより曇ってて寒い1日。

近所の公園の桜のつぼみも、
せっかく膨らみかけてたのに、またストップして、と
気ぜわしいだろうな。

勝手な希望だけど、ゆっくり咲いてくれるとうれしい。

いろいろ追われて、
朝からキリキリ胃を痛めながら仕事をする年度末の祝日です。
来週末は4月だって。

Terima kasih!

7泊8日のマレーシアの旅も、いよいよ終わり。
空港まで送ってくれるという友達の言葉に甘えて、
この旅最後のマレーシアドライブ。

本当に、何から何までありがとう。

彼女や彼女の家族が住んでいなかったら
きっと一生訪れることがなかったマレーシア。
訪れるまでは「東南アジアの発展途上国のひとつ」程度の認識しかなかったけれども
この1週間でそれが大きく変わりました。

人がおおらかであたたかいこと、
食べ物がとっても美味しいこと、
もはや《発展途上国》ではなく
《中進国》として目覚ましい発展を遂げているということ。

そして、
宗教や文化的背景が異なる人々が隣り合って暮らす多民族国家の暮らしを、
そこに住む人に近い視点で感じることができたことによって
自分の固定概念や
《先進国》の日本に住んでることで知らずに身についていた奢りのようなものを、
認識させてくれました。

彼女は小さい頃から
日本全国各地を転々として育ち、
結婚して家庭を築いてからは
海外での生活が長く続いているけれど、
国内外どこにいても
自分の好奇心のアンテナに引っかかるものを大切に
分け隔てなくいろんな人と出会って関係を築いて
それぞれの土地での暮らしを楽しんでいる姿に、
いつもたくさんの刺激をもらっています。

だから、彼女の住んでいる街を訪れると
もれなくその場所を好きになって帰路につくことができます。

マレーシア。
とにかく私は大好きな国のひとつになったし、
マレーシアを通して、
イスラム教やイスラム文化、スパイスを使った料理など
これまで知らなかったこと、目を向けようとしてこなかったことに
興味を持ちはじめ、宿題のように読みたい本や見たい映画がたくさんでき、
帰国してからはついつい仕事で忙殺されがちな日々の暮らしを、豊かに彩ってくれています。

そしてそれは、良き案内人があったから。

Terima kasih!
マレー語で「ありがとう」という言葉は
愛(kasih)を受け取った(Terima)という意味だそう。

自分が住むマレーシアという国への愛、
そしてそこを訪れた旅人の私にその良さを伝えようとしてくれたおもてなしの愛。
たくさんの「愛」を健やかに感じることができた1週間でした。どうかまたマレーシアを訪れる機会に恵まれますように!

 

© 2018 Pecograph. All rights reserved.