Pecograph

a day in my life

Menu Close

Page 2 of 71

「令和」を英語で説明できるように

新元号が発表されました。
「令和」。
綺麗な響きの言葉だと思いました。

“人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開く”
という願いを込めてつけられたとのこと。
どうか平和で、その願いが叶う時代となりますように。

オンライン英会話のレッスンで「令和」の意味を聞かれたら答えられるように
ちょっと調べてまとめてみました。


The name of the new era is “Reiwa(令和),” Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said today.
I watched the news by my cell-phone and took photos when Mr. Suga holds up a placard on which the new era name “Reiwa” is written .

Reiwa will replace the current era name of Heisei on May 1 with the enthronement of Crown Prince Naruhito.
According to Suga, it was derived from the Manyoshu, Japan’s oldest poetry collection.
This is the first time that an era name has been sourced from classic Japanese literature instead of Chinese.

The two characters “令和”mean “decree” and “peace.”
The prime minister Abe said the name means that culture is born and grows when people come together and “care for each other beautifully.”


追記
「令和」をどのように訳すのか、議論になってるそう。
特に「令」の解釈にはさまざまな見解があるとのこと。
こちらのインスタの投稿と寄せられたレスポンスがとても興味深かったです。
私ももう少し「令和」の英語での説明を考えてみたいと思います。

 

View this post on Instagram

 

What are your thoughts on Reiwa? – Welcome Reiwa! 新しい元号が発表されましたね!「令和」、僕は個人的に令和に込められた意味と響き、気にっています😊 今世界中で議論を呼んでいるのが、令和をどのように訳すのか🤔 「和」は “peace” や “harmony”で意見は一致しているみたいですが、問題は「令」。「令」を”auspicious (幸先の良い)” や ”good fortune (幸運)”と訳すグループもいれば、”order(秩序の)”と解釈してる派もいます。”auspicious harmony / good fortune and harmony” なのか。”order and peace”なのか。それとも、もっと適切な表現の仕方があるのか?皆さんのご意見ぜひお聞かせください! – What are your thoughts on Reiwa? How would you translate it? (令和についてどう思いますか?みなさんだったらどう訳しますか?) – 明日「令和」について動画をアップする予定なので、みなさんのご意見を参考にしたいと思います! – #hapa英会話 #インスタハパ #インスタ英語 #インスタ英会話 #英会話勉強中 #日常英会話 #英語好き #英語好きな人と繋がりたい #英語大好き #英語 #英会話 #英会話初心者 #令和 #reiwa

Jun Senesacさん(@hapaeikaiwa)がシェアした投稿 –

視線の先、レンズの向こう

アドベンチャーワールドにはパンダを飼育する施設が2つあります。

赤ちゃんパンダのいる「ブリーディングセンター」は
赤ちゃんパンダをひと目見ようとする人々の行列がすごいことになっていたので、
今回は子どもパンダ3頭が過ごす「パンダラブ」という施設で、
母とのんびりと長い時間滞在しました。
大好きなパンダは、何時間見ていても飽きません。

時間帯よっては混雑してくるので、
そんな時は来たばかりのお客さんに
パンダがよく見える場所を譲ります。

ちょっと強面の人も おもむろにカメラを取り出し、
その視線の先、レンズの先にはパンダがいます。

パンダを見るのも好きだけれども
それぞれのパンダがマイペースに暮らす様子を
頬を緩めて眺めている人や、
熱心にシャッターを押している人たちを見るのも、とても好きです。







平和だなぁ。
ずっとこうしてパンダをにこやかに見ることができる、日本でありますように。

eye-opening

新しい言葉を覚えました。
“eye-opening”。

直訳すると、「目が開く」。
目を見張るようなできごとが起きたり、
びっくりするようなことに対して使われるとともに、
特に何か刺激的な経験をすることによって新しいことに気づいたり、
新しい知識を得たりなど、自分の認識が変わるというニュアンスも含まれるそう。

今の私にとって”eye-opening”なものは、英語を学ぶこと。
英語でできることが増えると、
手に入れることができる情報量が格段に増え、
これまで知らなかったことを知ることができるようにり、
それによって興味を持つことの視野が広がり、
思いをはせる世界がグンと広がりました。

そしてそれが英語を学んでて楽しいと感じる一番の理由です。


Studying English is an eye-opening experience for me.
The more I study English, the more I realized there are so many information around that I can reach.
I can learn various topics in English through reading articles and listening to the radio and podcasts.
English helps me widen my knowledge and perspective.
That’s the reason why I enjoy studying English.

パンダは猫背

和歌山家族旅行の写真、
仕事の合間に少しずつ整理しているけれども
整理し終わるにはまだまだ時間がかかりそうです。

愛くるしいパンダの写真を見ていて改めて気づいたことは
「パンダは猫背」ということ。
大熊猫だから、当たり前か。

このフォルム、たまりません!

この子は双子姉妹パンダの妹、桃浜。

小さなカメラマン

7歳になったばかりの甥っ子は、
小さな頃からおもちゃや道具などの“しくみ”を分解して調べるのが大好き。
自分のおもちゃだけでなく、実家にある組立て用家具なども
どこからか工具を見つけ出してきて分解しようとします。
これは持って生まれた性格なのか、それとも男の子だからなのか。

そして、
いつも私が実家に帰ると彼を撮るために
首からぶら下げている一眼レフカメラにも、ものすごく興味津々。
とはいえ、これはある意味私の商売道具。
レンズに傷をつけられたり壊されたりしては困るので、
これまで絶対に触らせませんでした。

けれども、今回はお誕生日祝いの特別な旅ということで
初めてカメラを持たせてあげると大喜び。

持ち方やシャッターの押し方を軽くレクチャーしただけなのに、
重い望遠レンズの付いたカメラを持つ姿がなかなかさまになっていて、カッコイイ!

スマホやタッチパネルに慣れてる彼にとっては、
ファインダーを覗くという行為も新鮮だったよう。

もう使わなくなったデジタル一眼レフが1台あるので、
押入れから取り出してきて彼に譲ろうと思います。
機械としてのカメラには間違いなく興味をもってくれるだろうけど、
時や景色を記録する「写真」にも興味をもってくれるといいな。

どうやって使い方を教えたらいいか、あれやこれやと思案中です。

 

親子三代、南紀白浜旅

甥っ子と母は誕生日が1週間違い。
先週は甥っ子の、今週は母の誕生日。

ちょうど白浜アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃんの
名付け親特典」が受けられるのも3月末までだったので、
妹家族と母と私と総勢5人で南紀白浜へ1泊2日の旅へ出かけました。

お天気にも恵まれ、最高の春旅日和。
そして行ってみて改めて気づいたのが
白浜はこうして3世代でいってもそれぞれが楽しめる、
とても良い場所だなということ。

アドベンチャーワールドには
パンダをはじめいろんな動物がいるだけじゃなく
サファリパークがあったりイルカショーがあったりして
飽きることがなく、おまけに遊園地もある。

そして温泉もあるし、
海鮮など豊かな食材も楽しむことができる。

宿を決めただけの行き当たりばったりの旅だったにも関わらず、
家族みんなで、のんびり良い時間を楽しむことができました。


宿にお願いして用意していただいたバースディケーキもとても美味しくて大満足でした。
和歌山銘菓の「かげろう」を作ってる福菱が作っているそう。
https://fukubishi.co.jp/

甥っ子とパンダ。
私の“二大興味を惹かれる被写体”と2日間一緒だったので、
撮った写真の枚数は膨大な量に…!!!

仕事の合間にぼちぼち整理していきたいと思います。

レパートリーを増やしたい!

ちょっと前に、
仕事仲間でもある友人たちと
「一人一品持ち寄り新年会」をしました。

料理上手で、食いしん坊の面々がそれぞれ持ってきたものは
どれもしみじみ美味しいものばかり。

私は近くのオーガニック食材店で野菜を買って、
切ったりちぎったりしてお皿に盛っただけ。
しかもドレッシングは友達が持ってきたものという、ていたらく。

ふだん玄米食で映えない地味なご飯ばかり食べてるから、
こういった時に持っていけるレパートリが、ほとんどありません。

幸か不幸か、
玄米とお味噌汁を食べてたら体の調子がいいので、
家で食べるごはんは玄米とお味噌汁がメインディッシュ。
おかずといっても、野菜や肉や魚を焼いたり茹でたり蒸したりして、
調味料でシンプルに味付けしたものくらいしか作ってないものなぁ。
最近はレシピ本見て新しい料理にチャレンジすることもなくなったし…。

でも、ちょっとイケテるお持たせ料理をレパートリーに加えたい。
そういう料理が自分で作れるようになると、
家で飲むのも楽しくなりそうだし。

ということで、決めました!
「月にひとつ、お持たせに持っていける料理を作る」
これも2019年の小さな目標にしたいと思います。

とはいえ、3月はバタバタしてるので4月から。
ちゃんと有言実行したら、2019年中に9品はつくれるようになるはず。
まあ何回か失敗したとしても、数品は自分のレパートリにはなるかな。
新しくチャレンジした料理はこちらにupするようにしたいと思います。

東京ばな奈パンダ

先日の東京マラソンに参加されていた方から
「pecoさんパンダ好きですよね」と、
かわいらしいお土産をいただきました。

東京ばな奈のパンダバージョン。
これは、か・わ・い・い!!
きゅんきゅん。

ものすごい倍率をくぐりぬけて参加することができた初めての東京マラソン。
そんな折に、
私がパンダを好きであるということを覚えてくれていて
ふと思い出してくれたことが、とてもうれしかったです。

久しぶりに食べた東京ばな奈も
ふんわりふかふかで美味しくて、
目の回るような慌ただしさで気持ちがささくれだちそうな年度末に、
ほっこり気持ちが和みました。
ありがとうございました!

そして今週末、いよいよ名付け親となった
アドベンチャーワールドの彩浜に会いにいきます。
甥っ子と母の誕生日が近いので、
お祝いも兼ねた楽しい家族旅行になりそうです。

© 2019 Pecograph. All rights reserved.