Pecograph

a day in my life

Menu Close

Tag: お買い物

新しい電卓

子どもの頃、やりたいって言ったことは何でもやらせてもらえたし、
やると決めた習い事は割と長く続いた。

エレクトーン、ガールスカウト、合唱団、ミニバス、ブラスバンドが
幼稚園から中学校までにやったこと。

でも、もし子ども時代に戻ってもうひとつ何か習い事ができるとしたら、
やってみたいことは「そろばん」。
暗算とかサッとできるといろいろ便利だろうなと、大人になった今でもよく思う。
めっぽう弱い数字にももう少し強くなってただろうと、幻想を抱いてみたくもなる。

そんな私にとって電卓は必需品。
長年使っていた電卓が壊れてしまったので、新調した。
左が長年お世話になったLEXONの、右が新しく買った無印良品の。
ボタンが大きくなって押しやすくなった。

一番上についてる「GT・AC」とか「F 3 2 1 0 A」の切り替えボタンってなんだろ?
多分、一生使いこなすことはなさそうだ。

新しいマグカップ

うつわは、見るのも買うのも使うのも好き。
旅先や好きなお店で気に入ったものを見つけた時にコツコツ買いためてきた。
そのおかげで今ウチの食器棚は満員御礼。
昔からそんなに好みが変わらなくて、学生の頃買ったものも最近買ったものも同じように現役で活躍してくれる。

けれども、いかんせんもう収納するスペースがないので、
「何かを買う時は、どれかを手放す」ことをルールにしている。

先日、10年以上使っているマグカップを不注意で割ってしまった(→これ
軽くて持ちやすくて、飲み物がたっぷり入ってお気に入りだったので残念だけど
一方で新しいものを買うチャンス!

前から気になっていたSLOW COFFEE STYLEのをお迎えすることに。
この無骨でシンプルなデザインが、とっても好み。
そして800円というお値段もお財布にやさしくて◎

スタバの
もうひとつ愛用しているのが梅田のHEP5のスタバで買ったマグカップ。
学生時代の友人と大阪で遊んだ時に「記念に」と、お揃いで買ったもの。
うちにある食器の中では唯一ポップな感じの雰囲気。
これもずいぶん長持ち。
友達はお嫁に行った先でも使ってるかな。
今度聞いてみよう。

 

SIGMA dp2 Quattro

SIGMA dp2 Quattro
年末に買いました。

最近は‘iPhoneでサクッと撮ってSNSにupしたら元データはすぐに削除’みたいな撮り方が多くなってしまって、「もっと丁寧に写真を撮る機会を増やしたい」と思ったのが、このカメラを買おうと思ったきっかけ。
もちろん一眼レフでもいいんだけど、荷物がかさばるのでもっと気軽に持ち歩けてきちんと撮れるカメラが欲しいなぁと。

まず、ネットでたくさんの作例を見て、画質の繊細な風合いに心惹かれた。

また一方で、
・書き込みに時間がかかる→バシバシとシャッターを押せない
・バッテリーの持ちが悪い→バッテリーの交換がフィルム交換みたい
・手ぶれ補正がない
・高感度が弱い
・RAWからの現像が必要

といった不便さも、
フィルムカメラで撮ってた時の感覚に近くていいなと思った。
そしてその辺は十分覚悟して買ったんだけど、それでも思っていた以上に手強いカメラ。

一言で言うと
「ハマった時は最高だけど、そうじゃない時はものすごい微妙…」
といった感じか。

そしてそのハマる瞬間が、なかなか…ない。

例えば、私がふだんよく撮るごはんの写真は、ほぼうまく撮れたためしがない。
「え?私、こんなに写真が下手だっけ??」と軽く凹むほどの写りっぷり。
おそらく室内で撮る子どもの写真なんかもブレまくりだろう。

難しい。
でも写真を撮り始めた頃の初心に戻ったようなこの感覚は、デジタルカメラを使うようになってから初めてのことかもしれない。
なぜなら技術の進歩でカメラってどんどん便利になり、シャッター押すだけで簡単に綺麗な写真が撮れるようになってきてるから。
けれどもこのカメラだと、どんな絵を作りたいかある程度イメージし、必要な操作をしてシャッターを切らないといけない。
銀塩カメラでポジで撮ってた時の感覚に少し近い。
簡単には思い通りにならないから、おもしろい。

とにかく出歩く時はいつも鞄に入れて、心にひっかかった瞬間を丁寧に撮っていこうと思う。

悪戦苦闘っぷりはこのブログの<SIGMA-DP2-QUATTROタグ>で。
http://www.pecograph.com/note/?tag=sigma-dp2-quattro

がんばろ、そして、楽しもう。

新しい相棒

年末に新しいカメラを買った。
今使ってる一眼レフもレンズも気に入ってるけれども、ふだん持ち歩くにはどうしても荷物になるので、いつでも鞄に入れておけるコンパクトカメラを。

コンパクトカメラなのに、なかなか手強い相手。
その手強さは、もしかしたら銀塩・デジタル含め、これまで使ってきたカメラの中で一番かも。

でも癖があるからこそ、思ったように撮れた時はうれしさもひとしお…のはず。
そうなることを願って、しばらく新しい相棒と濃く深く、でも気軽につきあっていこうと思う。

きっと、どんなことでも、簡単ではないからこそ楽しい。
結果だけじゃなく、その過程も含めて。
あ、これ、写真だけじゃなく仕事もそうだなと、ふと我に返る。

カメラについて詳しくは、また後日(多分)。

 

テレビが来た!

2011年7月24日に、テレビの地上アナログ放送が終了しました。
(自分の誕生日だったので、よく覚えてる)

けれどもケーブルテレビがデジアナ変換してくれたので、ブラウン管テレビでもまだ数年見ることができました。
そして2015年4月30日、統一地方選の終了とともにデジアナ放送も終了。
(どうでもいいような日付も、よく覚えてる)

まだまだ現役でバリバリ活躍してくれていた約20年もののブラウン管テレビも、ついに引退の時がきました。

それからずっとテレビのない生活を続けていたけれど、もともとあまりテレビを見ないので特に不自由することなく過ごすこと数ヶ月。
けれどもやってきたフィギュアスケートシーズン。

そう、私はフィギュアスケートファン。
とはいえ、試合の数十分後にはYouTubeに映像がUPされるので「それでもいいか」と思ってたけど、やっぱりリアルタイムで綺麗な映像で観たい!

ということで、年末にふと思い立って電気屋さんへGO。
あれよあれよとテレビを購入することになりました。

20160106_TV2

そして、在庫切れしていたテレビが今日ようやく到着。
最近のテレビは薄くていろんな機能がついてて便利さにびっくり。
実家でも自分でテレビを触ることがなかったので、浦島太郎状態です。

早い段階で地デジ対応のテレビを購入して人たちはそろそろ買い替えの時期が来るというのに、この隔世の感。

ちなみに、電気屋のスタッフの方の話によると、最近の薄型テレビの寿命はだいたい7〜8年なのだそうです。
寿命という点ではブラウン管より退化してるんだ。
へぇ…。

さて。
便利な道具は来たものの、さしあたって見てみたい番組が思い浮かばない…。
そしてテレビ見る時間、あるのかな??

とりあえずiPhoneで「TV番組表」をダウンロードしてみました。
おすすめのテレビ番組があったら教えてください。

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.