Pecograph

a day in my life

Menu Close

Tag: 健康

ジンクスを破った!

2月29日、うるう日で2月の最後の日。

記憶に残ってるだけでも苦節24年…。
ようやく
「うるう年の2月にはインフルエンザにかかる」
というジンクスを破ることができました!
→詳細は「うるう年のジンクス」で

ジンクスというか
「自分は○○だ」みたいなことって、
もしかしたら自分が勝手に潜在意識に思い込ませてしまっているのかもしれない。

例えば、大学受験が思い通りにいかなったこと
高校生の時から思い描いていた夢が叶わないという現実をつきつけられた23歳くらいまで、私は自分のことをずっと「肝心な時に本番に弱い」と思ってた。

けれども「そうやって負け続けるのって、なんだか嫌だなぁ」と思い、
目の前のできることから小さな目標を立てて
‘ささやかながらも小さな勝ち癖’をつけていったら
「本番に弱い」というコンプレックスはいつの間にかなくなってた。
今ではむしろ自分は「本番に強い」と思ってるくらい!

いつだって、自分にリミットかけてるのは自分自身かもしれないな。

とにかく!
他人にとったらどうでもいいようなことだけど、
長年捉われ続けていた
「うるう年の2月にはインフルエンザにかかる」
というよくないジンクスから脱することができて、うれしい〜〜。

うがい手洗い、そして苦手な鼻うがいもがんばった甲斐があった!

健康第一!

うるう年の2月のジンクス
そして鼻呼吸

2月。
今年はうるう年。

個人的には「うるう年の2月にはインフルエンザにかかる」というジンクスがあって、
戦々恐々とした気持ちで迎えた 新しい週、新しい月のはじまり。
今年こそ、このジンクスを破りたい!

そのためには、うがい手洗い、そして今年からは「しっかり鼻呼吸」を意識しよう。

治療に通ってる歯科医院で鼻呼吸の重要性を教えてもらった。
そしてアドバイスにしたがって口にテープをして寝るように。
すると、睡眠中もしっかり鼻で呼吸できるようになったおかげで
短い睡眠でも目覚めがとても良くなり驚いてる。
呼吸の仕方でこんなに体って変わるんだな。
不思議!

写真は銀座シャネルのマネキン。
これは鼻呼吸ができてる人の顔だ!!

鼻呼吸に興味ある方はこちらの記事参照
http://matome.naver.jp/odai/2136829818583755701

歯科治療と玄米

20代の頃に神経を抜いた奥歯がある。
そこが何度治療をやっても数年でダメになってしまい、
歯科医院を変えても同じ結果で、半ば歯科医不信になってしまっていた。

けれども、ようやく信頼できる先生を見つけることができたので、
今年に入ってから、本気出して歯科治療に通ってる。

この先生のところに行こうと決心するまでに「神経を抜かないといけない歯」についてあれこれ調べてみた。
神経を抜いた歯は「根管治療」という根っこの治療をしないといけない。
けれども、どうやらこれがものすごい手間ひまがかかるにも関わらず、現在の日本の保険制度のもとでは悲惨なほど低い評価で歯科医院に入る治療費もわずかなのだとか。
真面目にやればやるほど、利益が残らない仕組みになっているのだそう。

だから以前通ってた歯科医院で、ものすごーく面倒臭そうに言われたのか…。
数年もたせてダメになったら抜歯してインプラントなどを薦めるのが、経営者的には賢い判断なのかもしれない。
(そんな先生ばかりではないとは思うけれど、そう感じたことがあったので)

けれども今通っている歯科医院は、とにかく徹底して「抜かない・削らない」方針で、これまでの治療とは全く別物と感じるほど丁寧に治療をしてくれる。
そして歯のことだけじゃななく、食生活や呼吸法など歯だけではなく全身の健康に関するアドバイスをきめ細やかにしてくれる。
悪いところだけを治す‘対症療法’ではなく、歯の健康を通して健康な生活をサポートしてくれてると感じる。
だから、アドバイスもすっと心に入ってくる。

私費治療になるからそれなりに費用はかかるけれども、「健康への投資」と思ったら安いもの。
これまでの経緯がいろいろと残念だったからこそ、余計にそう思う。

玄米

そして、ここの歯科医院が推奨しているのが「玄米食」。
先生曰く「1食で1合、1ヶ月で10kgを目安に、全食事量の60%を玄米で摂るように」とのこと。
1ヶ月に10kg…今の約5倍の量だ!!!
また、果物を含む「甘いもの」を食べるのは週に1回まで。
これは「量」じゃなくて「頻度」が大事なんだって。
だから、ちょっと疲れたからとチョコレートひとかけかじるのも絶対にNG!
ひえ〜〜。

まずはできるところからはじめてみて2週間。
何にもしないのに体重は落ちたし、肩こりがちょっとマシになってきた気がする。
そして、そんなに甘いものを欲しいと感じなくなってきた。

先生や衛生士さんのことを信じて、まずは完全に治療が終わるまでしっかりがんばってみようと思う。

けれども歯医者さんって何を基準に選んだらいいのか、webサイトや評判だけでは本当によくわからないもんだな。
とにかく、ようやく「歯科医院ジプシー」から脱することができてよかった。

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.