Pecograph

a day in my life

Menu Close

Tag: 広島 (page 1 of 2)

Mr.Children
Thanks giving25
エディオンスタジアム広島

8月最後の日曜日、広島のホテルで目覚めてすぐに見た光景。
ハンガーフックにかけている銀テープは
前日のミスチルのライブの演出で使われたもの。
ライブの興奮が蘇り、幸せな気分で迎えた朝でした。

エディオンスタジアムで彼らのライブを観るのは
2007年、2011年、2015年に続いて4回目。
そしてこの25周年アニバーサリーツアーは
7月はじめの京セラドームに続いて2回目です。
(京セラドームに行った時のことは結局書けずじまい…)

約3時間半に渡る圧巻のライブパフォーマンスを
アリーナBブロック花道近くという良席で堪能!
1996年のアルバム「深海」を引っさげてのツアーから
ずっとライブに誘ってくれる友人のおかげで、
ファンクラブに入っていてもチケットが入手困難な彼らのライブに、
こうして来ることができています。
もう21年も一緒にミスチルのライブに通ってるんだなぁ。
これもある意味すごい!
本当にいつもありがとう。

今回のツアーで特に印象に残っているのは、桜井さんのMCです。


2002年に10周年を迎えた時は、
事務所やレコード会社の話題作りのために“10周年”と言っているだけで、
その時ミスチルの音楽を聴いてくれている人も、
いずれは離れていくのではないかと思っていた。

そして25周年を迎え、離れてしまうと思っていたファンの人たちは
ずっと聴き続け、たくさんの人がライブに足を運んでくれていることを
本当にうれしく、幸せに思っている、と。

それと同時に、
同年代のミュージシャン、友達、近しい仲間が病気になったり亡くなったりして
自分はいつまで楽しく歌っていられるんだろう…と思う機会も増えた。
だからこそMr.Childrenとしていられる時間を愛おしく思い
1日1日、1曲1曲、1つ1つのフレーズを大切に過ごしたいと思っている。


といったような話。

2002年と言ったら、
ミリオンヒットやダブルミリオンヒットを何曲も出し、
1年半の休業を経た後も、
いい曲をたくさん作って精力的にアルバムを編み出し、確固たる地位を築いていた頃。

それなのに
「いつかファンは離れていくかもしれない」
なんて思っていただなんて…。

アーティストというのは
たとえどんな恵まれた状況であったとしても
孤独を抱え、心身を削って
作品を産み出しているのだなと改めて感じました。
それは音楽であれ、アートであれ同じで、
誰でもができる生き方ではないんだなぁ、とも。

また、今回のツアーで感じたことのひとつが
桜井さんがこれまでにも増して歌がうまくなっているということ。
もともと上手いけれど、
さらに安定感が増して、よりいっそう歌に深みが出ていることに驚きました。

気になって調べてみると、
敏腕のトレーナーについてボイストレーニングを受けていて
ツアー中もそのトレーナーさんにずっと帯同してもらっているとのこと。
そのボイストレーナーさんのツイート ↓

「謙虚・素直・ストイック」
どんな道でも一流の人に共通していることのように思います。
私も私なりにそういう姿勢を大事にしていきたいなと、
楽しかったライブを振り返りながら、改めて思いました。
言うは易しで行うは難し、だけれども。

以下、セットリストやライブ中に見て感じたことの備忘録です。


01.CENTER OF UNIVERSE
02.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
03.名もなき詩
04.GIFT
05.Sign
—————-
25周年アニバーサリーということで、
シングルのヒット曲を中心にガンガンきます。


06.ヒカリノアトリエ
—————-
ここからは春のホールツアーをまわったメンバーが花道へ。
友達が取ってくれたチケットがアリーナBブロックの花道の側だったので、
メンバーがすぐ近くに!

07.君がいた夏
—————-
ちょうど空が夕焼けてきた頃。
スクリーンの後ろには入道雲があって
心地よい秋風が吹いてて、この歌にぴったり。
4年前に両親と行った、
この歌のモデルとなった湯野浜の海岸のことを思い出しました。

08.innocent world
—————-
銀テープ第一弾発射!
アリーナ前方席なので、演出の中に入っているかのようでうれしい。

09.Tomorrow never knows
10.Simple
—————-
桜井さん1人で花道でアコースティックで弾き語り。
スクリーンには歌詞が映し出され
桜井さんの「歌ってもいいんだぜ」の声で会場のみんなで口ずさむ。

11.思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
—————-
ドラムのJenが歌う、このライブ唯一の爆笑(?)タイム!
3rdアルバムまではJenも歌っていたけれども、
最近のファンは知らない人も多いのでは?
けれども、初めて聞いた人でも思わず引き込まれ笑ってしまう映像と演出。
最高!

12.365日
—————-
あれだけ笑わせておいて、いきなり真顔でバラード。
この展開、すごい!

13.HANABI
14.1999年、夏、沖縄
—————-
この時、冒頭に書いた話をMCでしてくれました。
そしてこの歌の歌詞
「僕が初めて沖縄に行った時 何となく物悲しく思えたのは
 それがまるで日本の縮図であるかのように
 アメリカに囲まれていたからです」
を広島で聴くと、いろんなことを考えさせられます。

15.足音 ~Be Strong
16.ランニングハイ
17.ニシエヒガシエ
18.ポケットカスタネット
19.himawari
—————-
新曲。
「今一番聞いてほしい曲です」と冒頭にMC。

そして本編ラストスパートで会場の熱気は最高潮に!

20.
21.Printing
22.Dance Dance Dance
23.fanfare
24.エソラ

アンコール
25.overture
26.蘇生
27.終わりなき旅

ミスチルと自分の25年の歴史を重ね合わせつつ、
いろんなことを思い出したり、感じさせてくれた素晴らしいステージでした。

日の丸寫眞館

日の丸寫眞館。
瀬戸内海沿岸に位置する竹原の町並み保存地区の入り口に
ランドマーク的にそびえ建つ3階建ての木造建築。
看板の書体もレトロで味があります。

信号から奥に伸びる道の突き当たりにあるのは
朝の連ドラ「マッサン」で有名になった
ニッカウイスキー創業者竹鶴政孝の生家 竹鶴酒造です。

お酒を買って帰りたかったんだけれども、
あいにくこの日は閉まっていて買うことができませんでした。
バタバタ駆け足で廻ったというのもあるけど、
結局この町並みの中で1円も使うことがなかったのも、残念…。

こういう古い町並みを維持していくためには
たくさんの費用がかかるし、
住民の方々の努力や多少の犠牲があってのことだと思うので
それに敬意を表して、できるだけそこでお金を使いたいなと思うんだけれども、
お金を使う場所がなかなかないことが多いように思います。

美しい景観や町並みを収入源となる観光資源として残していくことの難しさを、
痛感させられます。

 

福住フライケーキ

広島で食べた美味しいおやつ、「福住フライケーキ」。
呉の商店街のアーケードの中にある小さなお店の店頭には人だかりができていて、
店内の大きなフライヤーでは次々と餡子を包んだ生地が揚げられていました。

1つ80円。
見た目は小さな餡ドーナツといった様相。

サクッとした歯ごたえのあと、
卵の風味が感じられるふわっとした生地に
上品な甘さの餡子が包まれていて、
見た目より油っこくなくて、2つペロッと完食しました。
素材も油もいいものを使っているのか、数時間たっても全く胃もたれもなし。

呉のソウルスイーツ、もっとたくさん買って帰ればよかったな。
ごちそうさまでした。

 

喫茶プリンス

竹原の古い町並みを歩いている時に、
レトロな風貌の喫茶店の入り口に貼り紙が貼ってあるのが気になって、つい足を止めました。

九月三十日をもちまして、閉店致しました。
五十八年間の、ご愛顧を、感謝申し上げます。
有り難う御座いました。
喫茶プリンス

58年といったら、親子3代で通っていた常連さんがいてもおかしくないくらいの長い年月。

「きっとオーナーも何度か代替わりして、続いてきたお店なんだろうな」
と、数枚シャッターを押してその場を後にしました。

旅から帰ってきてからもなんとなく気になって
ネットで調べてみたら、
どうやらこの喫茶店のマスターは
昨年の9月に90歳になるまで現役で切り盛りしていたという記事をみつけました。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9J3CSPJ9JPITB003.html

好きなことで58年も商売を営み続けてこられたんだ。
なんと素晴らしい!


お店の前の花壇も丁寧に手入れされていたので
きっと今は元気で引退生活を楽しんでおられるのかな。
そうだといいな。

会ったこともない人が営んだ、入ったこともないお店だけれども、
なんだかとても温かい気持ちになりました。

キャンパス跡地で
お好み焼き

先週末、1泊2日で広島に行ってました。
目的はMr.Childrenの25周年アニバーサリーライブを観に行くことだったんだけど、
その前後の食のお楽しみもぬかりなく。

広島市内に到着してすぐに向かったのは「電光石火 東千田店」。
以前、広島駅前のお店で食べて美味しかったので、再訪です。

鉄板でキャベツをふんわりと小高く盛ってじっくり火を通し、
仕上げは溶き卵でまあるい形にオムレツ包みにする、
新しいタイプの広島のお好み焼き。
私が頼んだ看板メニュー「電光石火」は大葉が入っていて、
キャベツの甘みと大葉の香りが口いっぱいに広がり、
見た目のボリュームとは裏腹に、さっぱりとした食感。
そして広島焼き特有のイカ天がいい仕事をしています。
友達が食べてた「たっぷりチーズ」もおいしそう。
ごちそうさまでした!


驚いたことは、
このお店が入っている商業テナントは
かつての広島大学東千田キャパスの跡地に建っていたということ。
2階の駐車場からは、旧理学部の校舎が見えました。

広島大学は、私が高校時代に第一志望だった大学。
なので、被爆建物でもあるこの校舎は、
進研ゼミや蛍雪時代など受験情報誌でよく目にしていました。
センター試験の数学で大失敗してしまったので結局受験はしなかったんだけど、
まさかこんな形で再会するとは不思議な気分。

広島大学は東広島にキャンパスを移転したため、
この建物以外の古い校舎はすべて壊されて、
キャンパス跡地には大きなマンションが建っていたり、
一部が公園になっていたりしました。
随分とこの辺りの雰囲気が変わっていたことに、時の流れを感じました。

 

「この世界の片隅に」

何度も見逃してきた「この世界の片隅に」を、ようやく観ることができました。

写真は、主人公のすずと夫の周作が初めて出会った相生橋。
2つの橋がT字に組み合わさったユニークな形は、
原爆投下の目標地点にされたと言われています。
左手前に写ってるビルの向こうには原爆ドームがあります。

広島市や呉市に隣接する東広島市に住んでいたことがあるので、
江波、草津、古江、灰ヶ峰といった耳馴染みのある地名や
丁寧に描かれてた見覚えのある風景にとても懐かしい気持ちになり、
ぐいぐいとストーリーに引き込まれていきました。

だからこそ、
そこでつつましく暮らしていた人々の日常にじわじわと戦争の影が忍びより、
多くのものを奪っていくのが、ものすごくリアルな感覚で迫ってきました。

そして、
「この世界の片隅に」というタイトル込められた
原作者や監督の思いに心を馳せてみました。

先の戦争から70年以上も経ったのに、
今でも世界のあちこちで同じようなことが起きているということ。
平和ボケして現在身近で起きていることに無関心でいることの恐ろしさや
同じような間違いを繰り返してしまう人間の愚かさ。
けれども、
どんな状況でも生きようともがく人間の健気で美しい姿。
いつの時代も、すべての命は等しく尊いものであるということ。

そういったことを、
この映画を通して改めて考えさせられました。

映画館でこの作品を観ることができてよかったと思うし、
また原作も読んでみたいと思いました。


2015年8月 相生橋上にて

ふと。

もしかしたら、前にもおんなじようなことを書いたかもしれないけれど。

自分にリミッターをかけてしまってるのは
他ならぬ自分自身なんだよなぁと
最近よく思います。

どうなりたい?
どうしたい?
と、問い続けることは
なかなかエネルギーがいるものですね。

目の前のことに追われてばかりで
さして自問自答に労力をかけていないことを反省しつつ
ふと、思ったこと。

20年

この数日は「20年」という時間の流れを強く意識する出来事がいくつかありました。

ひとつは、デビュー20周年を迎えたスガシカオのライブを広島で観たこと。
もうひとつは、小沢健二が19年ぶりに新曲をリリースしたこと。

シカオちゃんはデビュー当時からずっと聴き続けていて、
オザケンは学生時代にカセットテープが擦り切れるほど聴いたアーティスト。

ライブとテレビの違いはあれど
それぞれが素敵な歳の重ね方をして輝きを放っている姿を見て
ファンとしてうれしく、(勝手に)誇らしい気持ちになりました。

でもきっとそれは、
きちんと自分の頭でいろんなことを悩み考え続け、
行動を起こしきたからこその姿なのだろうなとも思いました。

そして広島でのライブの後に、
久しぶりに宮島に行ってきました。

ちょうど20年前の冬にも宮島を訪れていて
その頃私は絶望のどん底にいて
一緒にいた人に撮ってもらった記念のスナップには
のっぺらぼうのように無表情な顔をした私が写っています。

なりたかったものへの道が閉ざされてしまい
それを“絶望”と思い込んでしまっていたのだけれど
今思えばまわり道する方法なんていくらでもあったし
思い込みの強さが視野を狭くし、自分を苦しめていたのだなぁなんて
懐かしく思い出します。

結局、全然違う道を選んだことによって今があるわけで
今は今で、もちろん悩むことも壁にぶち当たることもあるけれど
春の兆しを感じる陽気に包まれ
すごく満ち足りた気持ちで宮島を訪れることができたことが
とてもうれしかったです。

そして
日々追われるままぼんやり過ごしてるだけだと
次の20年なんてあっという間に過ぎ去っていってしまうと考えると
少し背筋が伸びる思いもしました。

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.