Pecograph

a day in my life

Menu Close

Tag: 旅の車窓から

Flight
from KOBE
to NAHA

2016年11月2日、快晴。
神戸空港から那覇空港までの空の旅の備忘録。

%e6%bb%91%e8%b5%b0%e8%b7%af

神戸空港の滑走路。
雲ひとつない快晴。

%e7%a5%9e%e6%88%b8

離陸。
神戸港や神戸の街、六甲山がよく見える。
新しく埋立地を造ってる。
数年後に見ると離陸直後に見える風景もまた変わってるんだろうな。

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e6%96%b9%e9%9d%a2

大阪方面。
梅田のビル群や生駒山まで見通せる。

%e9%a4%8a%e6%ae%96

大阪湾上空。
大きな船だけじゃなく、小さな漁船も行ったり来たり。
養殖網が等間隔に並んでいるのも見える。
何を養殖してるんだろう。

%e6%b7%a1%e8%b7%af%e5%b3%b62

淡路島が見えてきた。
いつも高速バスで通ってる高速道路がよく見える。

%e5%a4%a7%e3%81%91%e3%82%99%e3%81%97%e3%82%99%e3%81%be

そのまま南下して徳島へ。
橋が架かった道路を車で往来しているので、いつもはあまり意識しないけれど、
鳴門の海岸沿いはいくつかの島からできていることがよくわかる。
大毛島、島田島、高島の形がくっきり。

%e5%be%b3%e5%b3%b6

徳島市内上空。
自分の住むマンションも見えた。
この高度と方角から、こんなにクリアに自分の住む町を見たのは初めて!
徳島は川が多い町だということを、改めて実感。

%e5%89%a3%e5%b1%b1

四国の屋根、四国山脈。
後ろの席のおじさんが「剣山と次郎笈を結ぶ尾根だ」と言っていたけれど、確かにそんな気もする。

%e7%80%ac%e6%88%b8%e5%86%85%e6%b5%b7

瀬戸内海に出た。
愛媛県の端っこ。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

前の席の人も、ずっと写真を撮ってた。

前日の睡眠不足を補うため、ここからしばらく就寝タイム…。

%e5%a4%a9%e8%8d%89

目がさめると眼下に見えた風景。
海岸線の複雑な小さな島がたくさん。
航路的には天草諸島あたりかな。

%e6%b2%96%e6%b0%b8%e8%89%af%e9%83%a8%e5%b3%b6

見覚えのある形の島が。
沖永良部島だ!
 CafeTyphoonのりえちゃんが作る、沖永良部島の形をしたちんすこうの形と全く同じ。
沖永良部島は大学時代の同級生の出身地でもあり、
彼女の結婚式でもらって球根から育てた「永良部百合」は毎年実家の庭で花を咲かせている。
いつか必ず訪れたいと、ご縁を感じる島のひとつ。

%e4%b8%8e%e8%ab%96%e5%b3%b6

与論島。
今回の沖縄の旅で、沖縄本島の本部港からフェリーで2時間ちょっとで着くと聞いて、奄美諸島がぐっと身近に感じるようになった。

%e9%9b%b2%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%b8

与論島を過ぎたあたりから降下を始め、雲の中へ。

%e9%82%a3%e8%a6%87%e4%b8%8a%e7%a9%ba

那覇空港が混雑しているため、しばらく上空を旋回。
沖に見える島はなんだろう?
久高島のような気もするけど、ちょっと違うような気もする。

%e9%82%a3%e8%a6%87%e5%88%b0%e7%9d%80

ほどなくして那覇空港に着陸。

%e9%82%a3%e8%a6%87%e7%a9%ba%e6%b8%af

空港のいたるところに飾られているこのデンファレの花を見ると、
「那覇に来たんだな」と思う。
3度目の那覇は、思っていたよりもずいぶん肌寒かった。

 

旅の車窓から
201608

2016年8月の旅の車窓から。
JR高徳線池谷駅周辺、一面のれんこん畑。

こないだ友達がこの車窓から見える一本道への行き方を教えてくれました。
いつかドライブしてみたい。

高松行きの列車に乗るときは、必ず進行方向向かって右側に座ります。
そうすると、この一面のれんこん畑も見えるし、
トンネルを超えて香川県に入ったときに瀬戸内海も見えるので。

 

© 2017 Pecograph. All rights reserved.