Pecograph

a day in my life

Menu Close

Tag: 瀬戸内海

瀬戸内国際芸術祭2016
小豆島ドライブ旅
後編

先週5日間、沖縄に行ってました。
その話はまたおいおいするとして、
沖縄に行っている間に瀬戸内国際芸術祭2016が終わってしまいました。

今回、結局行くことができたのは犬島と小豆島のみ。
けれども見ることができたアートの数は少なかった分、
それぞれの作品の印象がしっかり記憶に残っているように思います。

そういえば、小豆島は第1回の2010年から毎回足を運んでいる唯一の島。
2010年の芸術祭が開幕した当初は島に知り合いは1人もいなかったけれど、
6年の時間の経過とともに、少しずつ友人知人が増え、とても身近に感じる島です。

2010年はとにかく “お祭りが島にやってきた!”という感じで、
いろんな意味でソワソワふわふわした印象でした。

東日本大震災を経て3年後に開催された2013年は、
移住者も増えて何かが芽吹いてきているような、新しい風を感じました。

そして今回の2016年。
芸術祭というお祭りが、地域に根付いてきているような感覚を覚えました。
アートやそれを創造するアーティストの活動を通して、自分たちの住む島の風土や歴史を感じる機会を得て、それを大切に慈しむ島の人たちが増えてきているように感じることが何度かありました。

どんなものごとでも、蒔いた種を育て根付かせていくためにはそれ相応の時間がかかるけれども、いい形で芸術祭が地域に溶け込んできているような、そんな印象を受けました。
とはいえ、私は1年に1〜2度島に行くくらいでなので、それはとっても主観的で感覚的な感想なんだけどもね。

冒頭の写真は晩ごはんを食べたあと、三都半島をドライブしている時に見た風景。
残念ながら日が沈んでしまって、アートを楽しむことはできなかったんだけど、
マジックアワーの夕空と島影を満喫。

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%81%ae%e5%ae%b6

そしてこちらは小豆島の芸術祭ではおなじみの王文志さんの作品

ライトアップされた夜景を見るのは、3人ともはじめて。
刈り取られた田んぼもほのかに照らし出され、なんとも幻想的でした。

お天気にも人にも恵まれた、閉幕1週間前の小豆島ドライブ旅。

このメンバーで来ることができて、とてもよかったです。
思い返せば2人と出会ったのも、2010年の芸術祭で私が瀬戸内をうろうろしていたことがきっかけ。
また次の瀬戸内国際芸術祭2019も3人で一緒に巡る機会が持てたらいいな。

忙しいスケジュールの合間に、最高に楽しい秋の思い出ができました。

瀬戸内国際芸術祭2016小豆島ドライブ旅<中編>
瀬戸内国際芸術祭2016小豆島ドライブ旅<前編>

 

瀬戸内国際芸術祭2016
小豆島ドライブ旅
中編

今回の瀬戸内国際芸術祭2016の大きなテーマのひとつが「食」。
既存のアート作品に加え、生活文化の基本である「食」に注目し、食に焦点を当てた作品づくりや、瀬戸内の食材を生かした食の提供や情報発信などを行う「食プロジェクト」が行われています。
http://setouchi-artfest.jp/about/food.html

食いしん坊の3人がこれに乗っからないはずがありません。
ということで、華麗なる(?)旅の食い倒れ記録を綴っていきたいと思います。

島の旬の食材を使ったジェラートが食べられる「MINORI GELATO」へ。
小豆島の人気イタリアンレストラン「FURYU」と大阪のクリエイティブユニット「graf」による企画なのだそう。
お洒落にリノベートされた建物にはたくさんの人、そしてショーケースには美しい色のジェラートの数々。
目移りしつつ、私はピスタチオと無花果にしました。
無花果らしい甘酸っぱさと、濃厚なピスタチオの味わいで、さすがのクオリティでした。

%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88

食べ終わるや否や、次の目的地へ大慌てで車を走らせます。
目指すは旧醤油会館裏の竹林に建てられた「竹の茶室」。

%e8%8c%b6%e5%ae%a4

にじり口のあるお茶室で、正座をしてのお茶会だったのでドキドキ。
亭主の方のざっくばらんなもてなしと、お茶の嗜みがある相席の女性が正客を勤めてくれたおかげで、程よい緊張感で久しぶりのお茶席の空気を楽しむことができました。
この茶室も瀬戸芸作品のひとつということもあって、外から茶室の中を覗いていく人たちもたくさんいて、さながら私たちも作品の一部になったかのような不思議な気分。

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e4%bc%9a
お茶はオリーブ茶。
小豆島はオリーブの栽培が盛んな地域。
島で育ったオリーブの葉っぱを、島の工場で製茶してつくられたものだそうです。
近江八幡で汲んできた水で一服ずつていねいに淹れてくれました。

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e4%bc%9a2

そして楽しみにしていたのが、こちらのお菓子。
安納芋のきんつばを醤油でキャラメリゼした主菓子と島のドライフルーツのお干菓子。
主菓子はキャラメリゼのカリッとした歯ごたえの後に、安納芋そのものがもつ甘みと旨みを口いっぱいに感じることができる新鮮な味覚がとても印象的でした。
このお菓子を作ったのはこれまでに何度かお会いして、SNSなどで仲良くさせていただいているちほちゃん。
いつ会っても控えめだけど芯の強さを感じる彼女は、年下ながらも憧れと尊敬の気持ちを抱きつつ、こうしてゆるゆるとご縁がつながっていることをうれしく思っています。
今度はまたゆっくり会えるといいな。
とっても美味しかったです、ごちそうさま。

ふぅ。
お腹も心も大満足。
けれどもまだまだ食の旅は続きます。
倒れられません、食べ尽くすまでは!です。

次の目的地、坂手港にあるオリーブの木には実がたわわに実っていました。

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%992

少し早い夕食は、『本からうまれる一皿〜壺井栄と庚申の夜〜』をいただきます。
小豆島出身の作家 壺井栄の作品に登場する食材を、小豆島出身のシェフが島のお母さんたちと一緒に再現した献立を楽しむという、素敵な会。
この日が最終日ということもあって、満席状態で賑わっていました。

%e5%a3%ba%e4%ba%95%e6%a0%84

10月のお献立のテーマは「秋祭り」。
壺井栄の作品に登場する秋祭りの食事や《晴れの日》の食事を集め、作品にも描かれている小豆島の食産業を絡めて考えられたメニュー。

%e3%81%8a%e5%af%bf%e5%8f%b8

小豆島の秋祭りには欠かせないという五目ずし。

%e4%bd%83%e7%85%ae

あつあつの炊きたての新米に、小豆島産の佃煮をたっぷりのせて。
炭水化物食べ過ぎとか、もうこの日は気にしません。
だって、おいしいんだもん。

食堂を見渡すと、アート目当ての観光客だけではなく、地元の家族連れやお母さんたちのグループもたくさん来ていて、とてもアットホームであたたかな雰囲気。
小豆島には大正時代まで庚申信仰という風習があり、「庚申の夜」には人々が集まって夜通し語り合っていたそうです。
島の友人知人たちの多くもこの「一皿の会」を毎月楽しみに通っていたようで、時代を超え、形を変えてその風習が受け継がれている光景がとても素敵でした。

%e5%9d%82%e6%89%8b%e6%b8%af

はちきれそうなお腹を抱えて外に出ると、雲の隙間から綺麗な夕焼けが見えました。
いい空、いい休日。

旅の記録は、あと少し続きます。

瀬戸内国際芸術祭2016
小豆島ドライブ旅
前編

瀬戸芸のパスポートをはりきって買ったものの、
結局夏会期に1度犬島に行ったきりで行けずじまい。
同じような境遇の3人で、小豆島へ瀬戸芸アートを巡る旅にいってきました。

今回の旅の仲間は、犬島も一緒に行ったライターのあっこちゃん
小豆島のさまざまなプロダクトのイラストやデザインを手がけているイラストレーターのオビカカズミさん。
月に何度も足繁く小豆島に通い、島の人たちにも「島民」呼ばわりされるほど小豆島を愛し島の人たちにも愛されているオビカさんに旅のナビゲートはすべておませ。

高松港で待ち合わせして、土庄港でレンタカーを借りて、楽しい旅のはじまりはじまり〜。

%e7%80%ac%e6%88%b8%e8%8a%b8%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%bc

まずは土庄の「迷路のまち」にあるアートめぐり。

2010年の第1回瀬戸芸の時から楽しみにしている大岩オスカールさんの作品「大岩島2」へ。
ビニールシートに油性ペンだけで描かれた風景画。

%e5%a4%a7%e5%b2%a9%e5%b3%b6

前回伊吹島で見た時は混雑していて入場制限もあったんだけど、今回は貸切状態になった時間もしばらくあって、ゆっくりと楽しむことができました。
1回目は男木島、2回目は伊吹島、3回目は小豆島で作品を作った大岩オスカールさん。
次はどの島で制作をするのかな。
そう思うと早くも3年後の瀬戸芸もちょっと楽しみに思えてきます。

次は作品No072「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」へ。

%e8%bf%b7%e8%b7%af%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a1%ef%bd%9e%e5%a4%89%e5%b9%bb%e8%87%aa%e5%9c%a8%e3%81%ae%e8%b7%af%e5%9c%b0%e7%a9%ba-%e7%9b%ae

小料理屋さんだった民家が、蟻の巣みたいな迷路に変身!
ジブリ映画に出てきそうなまるっこい白い壁がかわいい。

%e7%99%bd%e3%81%84%e5%a3%81

穴から覗く路地の風景もアートの一部のようでした。
%e7%a9%b4

この作品はもう一軒あるとのことで、迷路のような路地を進んで西光寺の近くにある元タバコ屋へと足を運びます。

%e8%b7%af%e5%9c%b0

この行列の先に目指す建物があります。
建物の中に入ると、古い箪笥を開けると通路が続いていたり、浴室を開けると通路が続いていたりと、まるでからくり屋敷のよう。
次の進路が分からず、もと来た廊下を戻ろうとして、「戻ってこないでくださ〜〜い」とガイドさんに明るく注意されてしまいました。
中は撮影禁止だったのですが、それも納得。
だってネタバレしてたら楽しみも半減しちゃうもんね。
今回はアートに関して全く事前に予習をしてこなかったんだけど、こういった体験型で楽しめるアート作品は無邪気になれて楽しいですね。

さて、迷路のまちを後に島の北側に位置する大部地区を目指します。

%e5%a4%a7%e9%83%a8

海の色がとっても綺麗!
向こうに見えるのは岡山県です。

大部ではまずは腹ごしらえ。
数年前にオビカさんのinstagramで見て気になっていた、ナポリタンが食べられる「喫茶サンワ」へ。
芸術祭期間中ですぐそばにアートがあるにも関わらず、瀬戸内海を一望できる店内は地元の常連さんっぽい雰囲気の人ばかりなのもとてもいい雰囲気。
ほどなくすると鉄板にドドンとテンコ盛りのナポリタンが運ばれてきました。

sanwa

これぞ由緒正しき喫茶店のナポリタン!っていでたち。
中には生卵がはいっていて、これがまたこのケチャップ味に合うのです。

sanwa2

これにサラダがついて600円という価格にも驚きです。

さて、お腹が満たされたところで、今回の瀬戸芸で一番気になっていた作品「国境を越えて・潮」を観にいきます。

アートが展示されている砂浜に着くと、車の中でもランチのときも賑やかにおしゃべりしていた3人も自然と言葉が少なくなりました。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae

海に消えた子どもをイメージしてつくられた像は砂でできていて、潮の満ち干きや雨風で時間とともに崩れ海にかえっていきます。
ボランティアガイドさんによると夏会期から展示されている196体の子どもの像のうち3分の1は海風に侵食されているとのこと。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae4

「196」は日本が承認する世界の国の数。
子どもたちはその首都の方向を向き、胸と背中には砂浜から各首都までの距離と緯度経度が記されいるそう。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae3

ずいぶんと侵食された子どもの像。
内部には石膏で作ったバラと国名が書かれたプレートが埋め込まれています。

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae6

%e5%9b%bd%e5%a2%83%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e6%bd%ae5

これをつくったアーティストはどの時点でこの作品が「完成」と考えているのだろう。
展示が始まって数ヶ月を経て、作品たちが侵食され朽ちている姿を見ることができたこの時期にここに来ることができてよかったと思いました。
なんだかじわじわと、心に響く作品でした。

大部にあるもう一つの作品「小豆島の木」へ。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a82

島に生えてきた樹齢60年のクヌギの木を根っこから掘り起こして、広い倉庫に吊り下げて展示された作品。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a8

土の中で木どんな風に根を張り絡み合ってるかなんて考えたこともないし、木の根をこうして下から見上げたことも、もちろんありません。

%e5%b0%8f%e8%b1%86%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%9c%a83

ふだん当たり前のように見ているものも、目に見えてる部分なんて本当にごくごく一部なのに、いろんなことを分かったようなつもりでいるのが人間の愚かさなのかもしれないなぁと感じさせられました。
地元の人たちと協力して2カ月かけて慎重に掘り起こし、夜中の交通量が少ないときにトラックに積んで運んできたというボランティアガイドさんのお話も興味深かったな。
大部地区は地域のボランティアガイドさんの対応があたたかくて気持ちよかったのも印象的でした。

….と、本当はこの記事で旅の記録と記憶をまとめたかったけど、睡魔が襲ってきたので続きはまた後日!

とにかく充実の楽しい小旅行でした。
次回も乞うご期待!?

 

犬島の犬と猫

2016年夏、犬島にて。
上から読んでも下から読んでも「犬島の島犬」という名のアート作品。
備前焼のタイルで作られてるそう。

犬島で見かけた犬はこの子だけだったな。
猫は何匹か見かけたけど。

犬島の猫

「犬島の島犬」
http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=7349&sel_data_kbn=0

夏の犬島、穴場かも!

週末に犬島に行った様子をinstagramにUPしたら
「犬島ってどれくらい混んでたの?」と何人かから尋ねられました。

結論から言うと、
「瀬戸芸夏会期の犬島、穴場かも!」
です。

私が6年前の瀬戸芸で犬島を訪れた時は
四国から瀬戸大橋を渡って岡山側の宝伝港に車を置き、
そこから船に乗って犬島に渡るというコースしかほぼ選択肢がない状態でした。
(直島から渡るという航路もあったけれど、そもそも芸術祭期間中に直島に渡るだけでも大変なので)

けれども今期の芸術祭開催中は
小豆島の土庄港から犬島行きの便が出ていて
とてもスムーズに乗り換えして犬島に渡ることができました。

土庄港

私たちが乗った便は9時10分の高松発土庄行きの高速艇。
土庄港に着いて降りるとすぐに犬島行きの船に乗るための整理券を配っているので、それをもらいます。
そして10時5分発の犬島行きに乗船。

犬島航路
何度も瀬戸内海を行き来しているけれども、小豆島〜犬島と渡るのは初めて。
初めての航路から見える風景にワクワクしました。

約25分で犬島に到着。
ここでうれしかったのが、港で帰りの船に乗るための整理券を配っていたこと。
土庄、直島、豊島行きの便が準備されていました。

犬島整理券

ここで整理券をもらっておくことで、帰りの船のことを気にしなくてよいのはかなりストレスフリーで、お陰で出航時間ギリギリまで島でのんびりすることができました。

犬島精錬所
そして犬島島内もほどよい感じの賑わいだったのもよかったです。
6年前の瀬戸芸で訪れた時はとにかくどこも混んでいて、精錬所の美術館に入るために1時間近く待った記憶があるんだけれども、今回は夕方に訪れるとなんと私たちで貸切状態!
贅沢にのんびり楽しむことができました。

秋の犬島はさまざまな公演やイベントが予定されているし、
また島内の移動手段が徒歩しかない島を散策するのにいい季節になるので、
おそらく“芸術祭らしくしっかり混雑”するのではないかと予想されます。

「犬島の芸術祭に行きたいけれど、行くまでも行ってからも不便だしなぁ…」
と思っておられる方には、夏の犬島、おすすめかもしれません。

ただし十分な水分補給は忘れずに。
暑かった!

瀬戸芸パスポート、買いました。

前回2013年の瀬戸芸はパスポートを買ったものの
ほとんど行けずじまいでした。

今年の春会期もタイミング逃して行きそびれてしまってたし
数週間前に訪れた豊島も夏会期が始まる前日だというのにも関わらず
ずいぶんと混んでて船に積み残される寸前だっし、
「今回の瀬戸芸はもういいかなぁ。混んでるの苦手だし…」
なんて思ってました。

けれども
せとうち暮らし』のライターをしていて
瀬戸内海の島に住む人々の暮らしや島の魅力を知り尽くした友人のあっこちゃん

「ベタに瀬戸芸巡りしようよ!」

と誘ってくれて、重くなってた腰を上げてパスポートを購入しました。

屋島

あんなに面倒臭がってたのに、
気心知れた楽しい旅仲間がいると俄然テンションが上がってきます。

夏の陽射しに照らされてキラキラ光る瀬戸内海もとても綺麗で
夢中で何枚もシャッター押してました。
不便なこともいろいろあるけれど、やっぱり船旅はいいな。

瀬戸内海

たくさん撮った写真の整理が追いつかないので
旅の記録はまたおいおいと。

ということで、せっかく5000円出して買ったパスポートのモトを取るべく
この夏と秋は久しぶりにせっせと島に通いたいと思います。
パスポート持ってる友人のみなさま、島に行く時はぜひ誘ってください。

屋島のてっぺんへ

久しぶりに屋島へ。

写真学校への通学でこの1年高松には何度も通ったけれど
その間 全く高松観光ができなかった仲間に高松を楽しんでもらおうと、
高松在住の友人がとびっきりの「讃岐満喫コース」をアテンドしれくれました。

まずは屋島のふもとのわら家でうどんをおやつがわりに一杯。
(夢中で食べてて写真撮ってなかった!)

そして、ドライブウェイで屋島の頂上へ。
屋島の山に登るのは、大学生の時以来。
ちょっと気落ちしている時に、友達がドライブで連れてきてくれたんだ。
山道を走りながら、懐かしいできごとを思い出しました。

屋島2

頂上の展望台からの風景。
夏の太陽に照らされた瀬戸内海がキラキラ輝いていていました。
瀬戸内海って本当に穏やかだな。
大好き。

輪っか

久しぶりに瓦投げにも挑戦。
開運・厄除け祈願になるとのことなので、ちょっと気合入れて投げてみました。
この輪っかの中に入るといいそうだけど、なかなか難しい。

瓦投げ
友達はしっかり入ったみたい(見てなかった…笑)
いいことがあるといいね。

徳島の眉山パークウェイや鳴門スカイラインなど、
私が学生の頃は有料だった観光道路がどんどん無料になっている中、
屋島は有料道路のままなので、ふだんなかなか頂上まで登ることがないけれど、
やっぱり風光明媚ないい場所だなと思いました。

連れて行ってくれてありがとう。

© 2017 Pecograph. All rights reserved.